文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年12月5日号 > 肝炎医療コーディネーター養成研修の実施について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年12月5日

肝炎医療コーディネーター養成研修の実施について

    滋賀県では、今年度初めて滋賀県肝炎医療コーディネーター養成研修を下記により実施します。

目的

 B型およびC型ウイルス肝炎は、我が国最大の感染症と言われており、長期間経過後に肝硬変や肝がんなどの重篤な病態に進行する危険が指摘されていることから、早期発見、早期治療につなげることが重要である。

そのため、肝炎ウイルス検査の受検促進や検査陽性者、肝炎患者およびその家族が適切な支援を受けられるよう、肝炎に関する基礎的な知識を習得した肝炎医療コーディネーターを養成する。

日時

平成30年12月9日(日曜日)10時00分~16時45分

場所

滋賀県大津市京町四丁目1-1

危機管理センター1階大会議室

対象者

 医師、薬剤師、看護師等の保健・医療・検診機関関係者

保健師等、保健所または市町の肝炎対策担当者

産業医等、企業または団体の健康管理担当者

その他、肝炎の予防および肝炎患者の支援の推進を行う者

講習内容

時間

内容

講師等

9時30分~10時00分

受付

 

10時00分~10時10分

あいさつ

薬務感染症対策課長

10時10分~10時40分

県の肝炎対策について

薬務感染症対策課

10時40分~11時50分

肝炎の基礎知識について

滋賀医科大学医学部附属病院

大﨑理英先生

11時50分~13時00分

休憩

 

13時00分~14時00分

最近の肝疾患治療について

市立大津市民病院

髙見史朗先生

14時00分~15時00分

肝炎医療コーディネーターの役割について

佐賀大学医学部附属病院

江口有一郎先生

15時00分~16時00分

肝炎医療コーディネーターの活動事例紹介

佐賀大学医学部附属病院

藤岳夕歌研究員

16時00分~16時15分

休憩

 

16時15分~16時45分

認定試験

 

 

 その他

研修を受講後、認定試験に合格した者に認定証および認定バッジを交付する。 

肝炎医療コーディネーターとは

  • 滋賀県肝炎医療コーディネーターは、認定を受けて、肝炎患者や肝炎ウイルス検査陽性者等(以下「肝炎患者等」という。)が適切な肝炎医療や支援を受けられるように、医療機関、行政機関その他の地域や職域の関係者間の橋渡しを行い、肝炎ウイルス検査の受検、検査陽性者の早期の受診、肝炎患者の継続的な受療が促進され、行政機関や医療機関によるフォローアップが円滑に行われるようにすることを基本的な役割とする。
  • 滋賀県肝炎医療コーディネーターは、肝疾患診療連携拠点病院、肝疾患に関する専門医療機関等の医療機関および検診機関、保健所および市町の肝炎対策担当部署、薬局、民間の企業や団体、医療保険者、肝炎患者の団体等に配置するものとする。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課 

電話番号:077-528-3632

ファックス番号:077-528-4863

メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp