文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年11月16日号 > 世界エイズデーの啓発等の実施について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年11月19日

世界エイズデーの啓発等の実施について

  12月1日は「世界エイズデー」です

  今年のテーマは「UPDATE!エイズ治療のことHIV検査のこと」 

 aidsposter2018

平成30年度「世界エイズデー」ポスターより

1.世界エイズデーとは

   1988年、WHO(世界保健機関)が12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。その後1996年からUNAIDS(国連合同エイズ計画)もこの活動を継承しています。日本でもその趣旨に賛同し、エイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ることを目的として、12月1日を中心に「世界エイズデー」を実施しています。

2.滋賀県各地で街頭啓発を予定しています

   

日時

場所

内容

お問い合せ先

H30年11月30日(金曜日) 7時30分~

JR長浜駅

予防啓発

物品の配布

長浜保健所0749-65-6662

H30年11月28日(水曜日) 7時30分~

JR近江今津駅前

高島保健所0740-22-2526

・甲賀保健所12月1日前後  管内高等学校、ネットカフェ、事業所等に啓発物品の配布

 

全国各地で様々なイベントが開催されます
    「世界エイズデー」前後にかけて、全国各地で様々な特設検査やイベントが企画されています。
    検査・イベントの情報は以下でご覧いただけます。
 http://api-net.jfap.or.jp/event/index.html

3.エイズ検査(HIV抗体検査)

 ・検査は保健所にて無料・匿名で受けることができます。

・検査は予約制です。希望される方は、各保健所へ電話して下さい。

*受付時間平日8時30分 ~ 17時15分( 大津市保健所については、平日8時40分 ~ 17時25分 )

定例の検査の日時 http://www.pref.shiga.lg.jp/e/kenko-t/hiv/kensa.html

・検査結果は、即日お知らせします。(確認検査が必要な場合は後日になります)

 

 ○定例の検査以外に夜間・拡張検査等を実施します。 

 

 

月日

時間

検査会場

問い合わせ先

予約

時間延長

11月19日(月曜日)

9時00分~11時00分

高島保健所

0740-22-2526

必要

夜間

11月28日(水曜日)

17時00分~18時30分受付

長浜保健所

0749-65-6662

必要

夜間

    11月30日(金曜日)

17時30分~19時00分

    甲賀保健所

    0748-63-6147

    必要

時間延長

12月 4日(火曜日)

9時30分~10時30分

彦根保健所

0749-21-0283

必要

時間延長

12月 5日(水曜日)

9時30分~10時30分

草津保健所

077-562-3534

必要

 

4.HIV電話相談

    エイズやHIV感染について不安なときは電話相談をご利用ください。
    エイズ相談は県内各保健所で受け付けているほか、県庁薬務感染症対策課内にも専用電話を設置し、カウンセラーによる電話相談をしています。

機関名

相談電話番号

受付時間

草津保健所

077-562-3534

平日8時30分~17時15分

甲賀保健所

0748-63-6147

東近江保健所

0748-22-1300

彦根保健所

0749-21-0283

長浜保健所

0749-65-6662

高島保健所

0740-22-2526

大津市保健所

077-522-7228

平日8時40分~17時25分

  

    カウンセラー   

 が相談対応  

薬務感染症対策課

(専用電話)

077-524-0051

月・水9時00分~12時00分

 

5.HIV/エイズを正しく理解しましょう 

    現在は、HIV感染の予防対策やエイズ治療の技術が進み、欧米の先進国ではHIVの新規感染者が減少に向かっているにもかかわらず、日本ではまだまだ増加傾向にあります。2017年1年間の新規HIV感染者報告数は全国で976件、新規エイズ感染者報告数は全国で413件となっており、累計報告数はHIV感染者19,896件、エイズ患者8,936件となりました。

    滋賀県でも、HIV感染者とエイズ患者の報告数は増加傾向にあります。近年は、感染者と患者の合計で約10人が毎年新規に報告されています。また、エイズを発症して初めて感染がわかる事例が増えていますので、不安があれば検査を受けましょう。

    HIVは血液、精液、膣分泌液、母乳に存在しますので、職場や学校での社会生活での接触で感染する心配はありません。現在の医学では、体内からHIVを完全にとりのぞけませんが、感染を早く見つけ、適切な治療をすれば発病をおさえて、健康な人と変わらない生活を送ることができます。

 

●用語の定義      ~全国HIV/エイズ検査・相談窓口情報サイトより~

 

「HIV」ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)

ヒトの体をさまざまな細菌、カビやウイルスなどの病原体から守る(免疫)のに大変重要な細胞である、Tリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染するウイルス

「エイズ」( AIDS )・・・・・後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome)

HIVがTリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)などに感染した結果、これらの細胞の中でHIVが増殖します。このため、免疫に大切なこれらの細胞が体の中から徐々に減り、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、さまざまな病気を発症します。この病気の状態をエイズといいます。

 

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課 

電話番号:077-528-3632

ファックス番号:077-528-4863

メールアドレス:eh00@pref.shiga.lg.jp