文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年12月19日号 > 小児・重症心身障害児(者)在宅支援研究会開催のお知らせ

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年12月19日

小児・重症心身障害児(者)在宅支援研究会開催のお知らせ

  滋賀県では、社会福祉法人びわこ学園に委託し、県医師会や県病院協会、県看護協会等と連携しながら地域で小児・重症心身障害児者を支える医療スタッフの研修やしくみづくりを行ってきました。

  この支援体制づくりに向けて、広く皆様に、理解、協力、参加を求める目的で、「第2回滋賀県小児・重症心身障害児(者)在宅支援研究会」を下記のとおり開催します。

  多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日  時

  平成30年1月21日(日曜日)  12時30分~16時00分

場  所

  ピアザ淡海  滋賀県立県民交流センター  ピアザホール

  大津市におの浜1-1-20

内  容

  シンポジウム1「医療的ケア児への地域でのしくみづくりと実践」  12時30分~14時00分

   【    座    長    】    口分田  政夫 氏(びわこ学園医療福祉センター草津施設長 小児科医)

                              村井  眞理子 氏(社会福祉法人びわこ学園 重症児ケアマネージャー)

  【 シンポジスト 】    上野  尚哉 氏(岐阜県 健康福祉部 医療福祉連携推進課 障がい児者医療推進係長)

                              市川  百香里 氏(公益社団法人岐阜県看護協会 家族支援専門看護師)

                              三沢  あき子 氏(京都府乙訓保健所)

                              要石  恵利子(滋賀県 健康医療福祉部 健康寿命推進課 母子保健周産期係長)

シンポジウム2「学童期への支援の実際と課題」  14時10分~16時00分

   【    座    長    】    小田  望 氏(びわこ学園医療福祉センター草津  小児科医)

                              多久島  尚美 氏(びわこ学園訪問看護ステーションちょこれーと。所長)

  【 シンポジスト 】    絹川  崇子 氏(利用者家族)

                             北島  真由美 氏(滋賀県立三雲養護学校  学校看護師)

                             浦田  等流 氏(甲賀地域ネット相談サポートセンター  相談員)

                             的場  一彦 氏(滋賀県教育委員会事務局 特別支援教育課 教育指導係 指導主事)

参加費

  無料  ※どなたでもご参加できます。

申込み方法

  チラシ裏面(PDF:318KB)の参加申込書によりFAXでお申し込みください。

申込み締切り

  平成30年1月15日(月曜日)

その他詳細

  チラシ(PDF:714KB)のとおり

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部健康寿命推進課

滋賀県大津市京町四丁目1番1号

電話番号:077-528-3653

ファックス番号:077-528-4857

メールアドレス:eg00@pref.shiga.lg.jp