文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年12月3日号 > 龍谷大学との協働により、「びわ湖の日 滋賀県提携龍谷講座in大阪」を開催します。

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年12月3日

 

龍谷大学との協働により、「びわ湖の日滋賀県提携龍谷講座in大阪」を開催します。

滋賀県と龍谷大学は、「琵琶湖とその流域に棲む生きものたち」をシリーズとした4回の連続講座を大阪梅田キャンパスにて開催します。

この連続講座は、平成27年10月に締結した包括連携協定に基づき、びわ湖の日関連事業の一環として実施するもので、昨年に続き2年目となります。

京都・大阪をはじめ琵琶湖淀川流域の皆さんに琵琶湖の価値を発信し、持続可能な社会づくりに向けて一人ひとりができることについて新たな気づきを得ていただくことを目的とし、琵琶湖にまつわる様々な切り口から龍谷大学や琵琶湖博物館における最新の研究成果等を紹介します。本取組をご取材いただきますようお願いします。

ご取材いただける場合には上記連絡(琵琶湖保全再生課活動推進係)までご連絡をお願いします。

1 講座概要

(1)主催

滋賀県、龍谷大学

(2)シリーズ

琵琶湖とその流域に棲む生きものたち

(3)日時

平成30年12月8日(土曜日)、12月22日(土曜日)、平成31年2月9日(土曜日)、3月2日(土曜日)

いずれも13時30分~15時00分(90分)

(4)会場

龍谷大学大阪梅田キャンパス

(大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンフ゜ラサ゛ウエストオフィスタワー14階)

(5)聴講者

一般市民、各回60名(事前申込制)参加費:無料

(6)申込 

龍谷エクステンションセンター(REC)ホームページにて受付

http://rec.ryukoku.ac.jp 

(7)講座内容

【第1回】平成30年12月8日(土曜日)「環境DNA分析で「水」から生き物を検出する」

講師:山中裕樹(龍谷大学理工学部・講師)

【第2回】平成30年12月22日(土曜日)「琵琶湖の水質改善を巡る藻類の動態」

講師:岸本直之(龍谷大学理工学部・教授)

【第3回】平成31年2月9日(土曜日)「河川が作る環境とそこに生きる昆虫たち」

講師:太田真人(龍谷大学里山学研究センター・博士研究員)

【第4回】平成31年3月2日(土曜日)「花粉化石からみる琵琶湖の森と人の歴史」

講師:林竜馬(滋賀県立琵琶湖博物館・主任学芸員)

※各4回の講座概要は、上記ホームページへ掲載しています。

 

2 その他

お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

3 問い合わせ先

滋賀県琵琶湖保全再生課(TEL:077-528-3453)

龍谷大学エクステンションセンター(REC)(TEL: 077-544-7291)

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課 

電話番号:077-528-3453

ファックス番号:077-528-4847

メールアドレス:biwako-es@pref.shiga.lg.jp