文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年6月8日号 > 立命館大学との協働により、「びわ湖の日」連続講座を開催します。

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年6月8日

 

立命館大学との協働により、「びわ湖の日」連続講座を開催します。

 7月1日「びわ湖の日」関連事業の一環として、立命館大学との連携により、学生や一般県民の皆様を対象とする連続講座を開催します。

今年度は、「琵琶湖と人の様々な関わり」をテーマに、様々な角度から琵琶湖の多様な価値や課題を見つめ直す3回の講座を予定しており、現在受講者を募集しています。

なお、この連続講座は、平成27年1月に締結した滋賀県と立命館大学との包括連携協定に基づき、平成27年度から開催しているものです。 

1 講座概要

(1)主催等:主催・滋賀県、共催・立命館大学、後援・草津市

(2)統一テーマ:「琵琶湖と人の様々な関わり」

(3)日 時:平成30年7月8日(日曜日)、7月22日(日曜日)、8月25日(土曜日)

いずれも10時00分~11時30分(90分)

(4)会 場:立命館大学びわこ・くさつキャンパス(草津市野路東1丁目1-1)

『ラルカディア1階 R101教室』

(5)対象:一般市民、学生

(6)定員:各回100名

(7)参加費:無料(事前申込が必要です。) 

2 各回テーマ・講師

【第1回】平成30年7月8日(日曜日)

江戸時代の琵琶湖を知る-古文書から探る琵琶湖の魅力-

立命館大学食マネジメント学部鎌谷かおる准教授

 

【第2回】平成30年7月22日(日曜日)

琵琶湖保全からエコツーリズムを考える

立命館大学経済学部峯俊智穂准教授

 

【第3回】平成30年8月25日(土曜日)

琵琶湖の魚を守ることと活かすこと

滋賀県水産試験場酒井明久主任専門員

 

3 参加手続

氏名、住所、電話番号と参加を希望される回を明記の上、次の申込先までFAX、メール、またはハガキでお申し込みください。

(申込先)

〒525-8577草津市野路東1-1-1立命館大学BKC地域連携課 「びわ湖の日連続講座」係

FAX077-561-2619メールbkckouza@st.ritsumei.ac.jp 

4 その他

お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。 

5 申込み締切

第1回(7月8日開催)・・・7月4日(水曜日)締切

第2回(7月22日開催)・・・7月18日(水曜日)締切

第3回(8月25日開催)・・・8月22日(水曜日)締切 

6 問い合わせ先:

立命館大学BKC地域連携課(TEL:077-561-5918)

または滋賀県琵琶湖保全再生課(TEL:077-528-3453)

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課 

電話番号:077-528-3453

ファックス番号:077-528-4847

メールアドレス:biwako-es@pref.shiga.lg.jp