文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年4月12日号 > 琵琶湖ハンドブック三訂版・概要版の発行について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年4月12日

「琵琶湖ハンドブック三訂版」発行!同時に概要版「びわ湖を学ぼう」を発行

琵琶湖ハンドブックは、琵琶湖の姿を幅広く、わかりやすく紹介し、知識や情報の共有により琵琶湖への理解や関心を高めるため、滋賀県が発行している冊子です。平成24年3月に行った改訂から6年が経過し、この間に起こった琵琶湖に関連する新たな動きを踏まえ、この度、「琵琶湖ハンドブック三訂版」を発行しました。

また、より多くの方に琵琶湖の価値や現状について知っていただくため、琵琶湖学習の入門編として、琵琶湖ハンドブックの概要版「びわ湖を学ぼう」を初めて発行しましたのでお知らせします。

1 「琵琶湖ハンドブック三訂版」について 

特徴

・改訂版を発行した平成24年3月以降の琵琶湖を取り巻く環境や社会情勢の変化を踏まえるとともに、琵琶湖の「多様性」を意識した構成

・第3章「人の歴史」、第7章「生き物」などを充実し、第10章にはSDGsや琵琶湖保全計画の策定を含む内容

・近年の研究成果や課題に基づき、データを更新  

≪新規に追加した項目≫

第2章の日本遺産、第3章の稲作の歴史、里山の成立、第7章の侵略的外来水生植物への対策、

「世界農業遺産」プロジェクト、植物プランクトン、動物プランクトン、第10章の琵琶湖保全再生計画の策定、

国立環境研究所琵琶湖分室、SDGs(持続可能な開発目標) など

handbook

編集・出版

  編集:琵琶湖ハンドブック改訂検討チーム

  執筆者:専門家、大学教授、県関係機関等

  監修者:内藤正明(琵琶湖環境科学研究センター長)

  表紙イラスト:今森洋輔(画家、イラストレーター)

2 琵琶湖ハンドブック概要版「びわ湖を学ぼう」について

特徴

・琵琶湖学習の入門編として、琵琶湖への関心を深めていただくきっかけとなる冊子として、今回新たに作成

・琵琶湖の価値や現状などの基本的な情報を中心に、琵琶湖ハンドブック三訂版の情報を抜粋して掲載

・1項目を見開き2ページとし、写真や図を多用することで読みやすく、興味を持っていただけるよう工夫


≪内容≫

琵琶湖はどんな湖か、琵琶湖の生き物1.2..、琵琶湖と人の長いつきあい、水でつながる文化と地域、

琵琶湖の恵みをいただく、森・川・里・湖を考えよう、琵琶湖をみて暮らしを考える、琵琶湖を知る学びの場

handbookgaiyou

3 仕様

  •  「琵琶湖ハンドブック三訂版」

            サイズ:A5判(横14.8cm×縦21.0cm)          ページ:256ページ、カラー

            主な対象:概ね高校生以上                       作成部数:2,500部

  •  「びわ湖を学ぼう」

            サイズ:A5判(横14.8cm×縦21.0cm)         ページ:20ページ、カラー

            主な対象:小学5年生以上                        作成部数:15,000部

4 閲覧方法および入手方法 

(1)閲覧方法

県内の学校や県立・市町立図書館、県民情報室、各環境事務所等行政情報コーナーでご覧いただけるほか、各冊子の内容は、滋賀県のホームページに掲載しています。

また、琵琶湖ハンドブック三訂版は、琵琶湖博物館環境学習センターにおいて貸出(最大70部)をしています。

(2)入手方法

「琵琶湖ハンドブック三訂版」

環境学習の指導者や環境保全団体等、環境保全に関する普及に努めていただいている方に無料でお渡しします。
※数に限りがあることから、原則として1人1冊、1団体1冊としています。
※「提供依頼書」は、滋賀県ホームページからダウンロードまたは当課で配架しています。


(来庁いただける場合)
琵琶湖保全再生課にて「提供依頼書」に必要事項をご記入いただき、提出してください。

(郵送を希望される場合)
1  「提供依頼書」に必要事項をご記入の上、

2 郵便番号・住所・宛名を書いた返信用封筒(角形2号)に料金分の返信用切手を貼付(「琵琶湖ハンドブック三訂版」1冊の場合380円)したものを同封し、

3 封筒に「琵琶湖ハンドブック三訂版希望」と記載いただき下記宛に送付ください。

琵琶湖ハンドブック概要版「びわ湖を学ぼう」

無料で必要部数をお渡しします。

(来庁いただける場合)
琵琶湖保全再生課の窓口で必要部数をお伝えください。
(郵送を希望される場合)
1  任意様式に必要部数と連絡先を明記したもの

2 郵便番号・住所・宛名を書いた返信用封筒(角形2号)に、料金分の返信用の切手を貼付したものを同封し、

3 封筒に「びわ湖を学ぼう希望」と記載いただき下記宛に送付ください。
 

5 問い合わせ・申し込み先 

  滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課

住所:〒520-8577  大津市京町四丁目1-1          電話:077-528-3453          FAX:077-528-4847

E-mail:biwako-es@pref.shiga.lg.jp

URL:http://www.pref.shiga.lg.jp/biwako/koai/handbook/santeiban.html

上記ホームページより「琵琶湖ハンドブック三訂版」「びわ湖を学ぼう」の内容、および「提供依頼書」の閲覧・ダウンロードができます。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課 

電話番号:077-528-3451

ファックス番号:077-528-4847

メールアドレス:biwako-es@pref.shiga.lg.jp