文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年8月10日号 > 琵琶湖博物館トピック展示「布藤美之氏寄贈コレクション」を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年8月10日

琵琶湖博物館トピック展示「布藤美之氏寄贈コレクション」を開催します

 琵琶湖博物館では、7月29日(土曜日)よりアトリウムにてトピック展示「布藤美之氏寄贈コレクション」を開催します。
 2017年3月に彦根市在住の布藤美之(ふとう みゆき)氏から琵琶湖博物館へ、昆虫標本25,786点(ドイツ型標本箱360箱)の寄贈がありました。この標本は滋賀県最大級の昆虫標本コレクションであり、布藤氏が1950年代から現在にかけて滋賀県などで採集や交換、購入、飼育した日本産チョウ類、および外国で採集したチョウ類が中心となっています。今回、布藤氏が寄贈されたコレクションの一部、合計11種356点(ドイツ型標本箱6箱)を特別にアトリウムで展示します。これらの標本には、滋賀県レッドデータブック2015年版で絶滅種に選定されているオオウラギンヒョウモン、絶滅危惧種に選定されているギフチョウ、絶滅危機増大種に選定されているオオオムラサキなど、現在では滋賀県で絶滅した種や生息数が少なくなった種の標本が含まれています。
 展示を見ていただくことで、寄贈されたコレクションの価値や県内の生き物や環境への関心を持ってもらうきっかけになればと考えています。

【展示期間】

平成29年(2017年)7月29日(土曜日)~ 9月3日(日曜日)

【展示物】

チョウ類標本 11種356点(ドイツ型標本箱6箱)

【開館時間】

9時30分~17時00分 (入館は16時30分まで)

【休 館 日】

8月7日(月曜日)

【会 場】

琵琶湖博物館 アトリウム

【観 覧 料】

無料(ただし、常設展示をご覧になる方は観覧料が必要です)

 

 滋賀県立琵琶湖博物館ホームページ(外部サイトへリンク)

オオムラサキギフチョウ

オオムラサキ                               ギフチョウ


お問い合わせ

滋賀県立琵琶湖博物館 

電話番号:077-568-4811

ファックス番号:077-568-4850

メールアドレス:press@lbm.go.jp