文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2016年3月10日号 > 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2016年3月10日 

産業廃棄物処理業者に対する行政処分について

産業廃棄物処理業者に対する行政処分について

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)の規定に基づき、以下のとおり産業廃棄物収集運搬業の許可の取消しを行いましたのでお知らせします。

 

 

1.被処分者

 

(1)事業者の名称及び代表者の氏名

株式会社協栄開発/代表取締役 奥田勝正

(2)事業者の住所

京都府宇治市宇治妙楽4番地の4

(3)許可の内容

産業廃棄物収集運搬業(積替えのための保管を除く)

許可番号/第02501002056号

許可期限/平成31年(2019年)6月12日

産業廃棄物の種類

廃プラスチック類/木くず/金属くず/ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず/工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物

(石綿含有産業廃棄物を含む。)(以上5項目)

 

2.処分の年月日

 

平成28年(2016年)3月10日

 

3.処分理由

 

被処分者が、平成28年2月26日付けで京都府知事から法第14条の3の2第1項第1号の規定による産業廃棄物

収運搬業の許可の取消処分を受けたことは法第7条第5項第4号ニに該当する。これにより被処分者は、法第14条

第5項第2号イに該当するに至ったことから、許可を取り消さなければならない場合である法第14条の3の2第1項

第4号に該当するため。

 

4.その他

法では、法に従った適正な業を遂行することが期待できないものを類型化して排除するため、いわゆる欠格要件

(法第7条第5項第4号、法第14条第5項等)が示されています。申請者がこれに該当する場合には知事は許可をし

てはならない、あるいは既に許可を有するものは許可を取り消さなければならないと規定されています。

お問い合わせ

滋賀県南部環境事務所 

電話番号:077-567-5444

ファックス番号:077-564-1733

メールアドレス:de40@pref.shiga.lg.jp