文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2019年1月29日号 > 滋賀県気候変動適応センターを設置します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2019年1月29日

滋賀県気候変動適応センターを設置します

    平成30年6月に成立し12月1日より施行された「気候変動適応法」(平成30年法律第50号)では、地域において気候変動適応を推進する拠点となる体制の整備が求められました。

   本県においても、琵琶湖や農林水産業をはじめ、県民生活や自然生態系等の多くの分野に影響が現れると予想されますので、今般、気候変動適応法第13条の規定に基づき、滋賀県気候変動適応センターを設置(全国で2例目)し、現在の気候変動の影響の把握や、今後起こり得る気候変動リスクの回避・軽減(適応策)を進めていきます。

1 設置日

    平成31年1月29日(火曜日) 

2 場所

    滋賀県低炭素社会づくり・エネルギー政策等推進本部に設置

    (センター長:琵琶湖環境部次長、事務局:琵琶湖環境部温暖化対策課) 

3 滋賀県気候変動適応センターの役割

    地域において気候変動適応を推進する拠点として、国立環境研究所と連携し、本県の現状や課題を踏まえて気候変動影響に関する情報の収集、分析等を進めることで、関連する試験研究の推進や気候変動適応策の検討につなげます。 

4 設置根拠

    気候変動適応法第13条に基づき設置します。

 (参考)気候変動適応法

    第13条   都道府県及び市町村は、その区域における気候変動適応を推進するため、気候変動影響及び気候変動適応に関する情報の収集、整理、分析及び提供並びに技術的助言を行う拠点(次項および次条第1項において「地域気候変動適応センター」という。)としての機能を担う体制を、単独又は共同して、確保するよう努めるものとする。

 5 関係資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課 

電話番号:077-528-3494

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp