文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年8月16日号 > 「平成30年度 しが発低炭素ブランド認定式」を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年8月16日

「平成30年度しが発低炭素ブランド認定式」を開催します

   滋賀県では、低炭素社会づくりの推進に向け、温室効果ガスの削減に貢献する製品等を「しが発低炭素ブランド」として認定する取組を今年度より新たに開始しました。

   今般、平成30年度における「しが発低炭素ブランド」を決定しましたので、認定式を開催します。

1 認定式の日時および場所

  • 日時:平成30年8月21日(火曜日)14時00分から14時30分まで
  • 場所:滋賀県公館(大津市京町四丁目2-15)

2 認定製品および事業所の名称(五十音順・敬称略)

  • 太陽光照明システム「スカイライトチューブ」(株式会社井之商(大津市))
  • 無駄開き抑制自動ドアセンサー「eスムースセンサー」(オプテックス株式会社(大津市))
  • ナチュラルチラー(吸収冷温水機)「エフィシオNZ型」(川重冷熱工業株式会社滋賀工場(草津市))
  • LED照明用プリント基板(シライ電子工業株式会社(野洲市))
  • 木質加熱アスファルト舗装「ハーモニーロードウッド」(田中建材株式会社(高島市))

3 制度の概要

 (1)  制度の目的

   滋賀県では、他者の温室効果ガス排出削減につながる事業活動を低炭素社会への「貢献」ととらえ、省エネ・創エネ製品や関連部品の製造等を通じて、社会全体で削減できるCO2を算定する「貢献量評価」を推進しています。

   「しが発低炭素ブランド」は、社会に広く普及、浸透することで大きなCO2削減効果が得られる本県発の製品・サービス等を認定する制度であり、「しが発低炭素ブランド」の全国への情報発信を通じて、将来の低炭素社会を支える製品・サービス等の開発や普及がますます進むことを期待しています。

 (2) 認定の対象  

  • 県内では製造または研究開発(確立)され、温室効果ガス削減に貢献すると認められる製品や技術。
  • 県内で提供または企画(確立)され、温室効果ガス削減に貢献すると認められるサービスや事業所等の取組。

 (3) 選考方法

   以下の評価項目をもとに、事業者から提出のあった応募書の内容、事務局が実施した訪問ヒアリングの内容および有識者アドバイザーの意見を踏まえ、庁内に設置した審査会において、認定の可否を決定しました。

  1. 削減効果(貢献量の大きさ、算定過程の妥当性など)
  2. 低炭素社会づくりの推進にかかる社内体制
  3. 先進性
  4. 汎用性・波及性
  5. 国際展開の有無

4 今後の予定

    認定製品および各事業所における他者の温室効果ガス削減に貢献する取組について、以下の展示会における県温暖化対策課ブースにて紹介を行います。

  • 「びわ湖環境ビジネスメッセ2018」(10月17日~10月19日(長浜市))
  • 「エコプロ2018」(12月6日~12月8日(東京都))

5 ブランドロゴマーク

  『滋賀から低炭素社会の花を咲かせよう』

   花を咲かせるためにはきれいな水と澄んだ空気が必要です。豊かな自然を守り、持続可能な発展を遂げるため、低炭素ブランドを通じて、低炭素社会への転換を進めましょう。

低炭素ブランドロゴマーク

 

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課 

電話番号:077-528-3494

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp