文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年2月7日号 > 平成29年度滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)表彰式の開催について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年2月7日

平成29年度滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)表彰式の開催について

 滋賀県では、滋賀県低炭素社会づくりの推進に関する条例(平成23年滋賀県条例第12号)第44条の規定に基づき、低炭素社会づくりに関して特に優れた取組を実施したと認められる事業者の表彰を行っています。

 今般、平成29年度における滋賀県低炭素社会づくり賞(事業者行動計画書制度部門)の受賞事業所が決定しましたので、以下のとおり表彰式を開催します。

表彰式

 日時:平成30年2月9日(金曜日)15時30分から16時00まで

 場所:滋賀県公館(大津市京町四丁目2-15)

受賞事業所(五十音順・敬称略)

  • 株式会社イトーキ 滋賀事業所(近江八幡市)
  • 王子エフテックス株式会社 滋賀工場(湖南市)
  • 麒麟麦酒株式会社 滋賀工場(多賀町)
  • 株式会社コクヨ工業滋賀(愛荘町)
  • 日本電気硝子株式会社 滋賀高月事業場(長浜市)
  • 株式会社麗光 日野工場(日野町)

受賞事業者の取組実績

 取組実績(PDF:18KB)

制度の概要

<事業者行動計画書制度部門>

(1)対象

 滋賀県低炭素社会づくりの推進に関する条例による事業者行動計画書制度において、事業者行動計画書および報告書を提出した事業者のうち、事業活動における自社の温室効果ガス削減に関して、他の事業者の模範となる優れた取組を行った事業者。

(2)選考方法

 庁内に設置した審査会において、事業者から提出のあった応募書、事業者行動計画書および報告書の内容、事務局が実施したヒアリングの内容ならびに有識者アドバイザーの意見を踏まえ、以下の審査基準により評価を行い表彰対象者の選定を行いました。

  • 温室効果ガス排出量の削減状況
  • 温室効果ガスの排出量の削減のために次の視点で実施した取組の内容

1. 自らの創意工夫

 所有する設備の省エネ管理をメーカー等の他者に任せることなく、自らの創意工夫により行っているかについての評価

2. 大きな課題に挑戦

 改善が困難な課題の解決にも果敢に挑戦しているかについての評価

3. 組織的・全社的に実施

 設備管理部署だけでなく、生産担当部署も含め、組織的・全社的に取り組んでいるかについての評価

4. 日常的・継続的に実施

 一時的な取組ではなく、日常的・継続的に実施しているものであるかについての評価

5. 削減効果

 温室効果ガスまたはエネルギー使用量削減効果を把握・検証しているかについての評価

6. 汎用性

 他の事業所の参考になる取組であるかについての評価

  

  • 省エネ製品等の開発・生産・普及等の事業活動を通じた他社への貢献内容

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課 

電話番号:077-528-3493

ファックス番号:077-528-4844

メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp