文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年10月16日号 > 成安造形大学×滋賀県立近代美術館 2017 秋の芸術月間 セイアンアーツアテンション VOL.10  滋賀県立近代美術館 県内移動展示事業 めぐれ!つながれ!色とかたち。ワイワイわれらのモダニズム

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年10月17日

成安造形大学×滋賀県立近代美術館
2017 秋の芸術月間 セイアンアーツアテンション VOL.10 滋賀県立近代美術館 県内移動展示事業
めぐれ!つながれ!色とかたち。ワイワイわれらのモダニズム

滋賀県立近代美術館は、リニューアルオープンを目指して現在休館中です。この間、美術館の所蔵作品を県内の施設で公開する「県内移動展示事業」が実施されます。その第一弾として今年度は、県内唯一の美術系大学である成安造形大学の「キャンパスが美術館」へ、現代美術(モダンアート)部門の作品がやってきます。当館初の試みであり、当館所蔵の現代美術の作品を滋賀県内の会場で展示する試みとしての規模は過去最大のものです。

今回のテーマは、「めぐれ!つながれ!色とかたち。ワイワイわれらのモダニズム」。

モダニズムとは近代主義を指す言葉で、美術では色や形など美術の構成要素そのものを重んじる立場を表し、現代美術の基礎となった考え方です。この展覧会では「色」と「かたち」を軸にした滋賀県立近代美術館の作品群をお楽しみいただくとともに、「素材」や「地域」をキーワードにした成安造形大学のさまざまなアプローチやプロジェクトを通じて、モダンアートと私たちの身の回りの世界との共通点をさぐっていきます。本展が多様な作品たちをお楽しみいただくきっかけとなること、そして、これからの美術館の「色」や「かたち」をも考えていく場となれば幸いです。

成安造形大学と滋賀県立近代美術館との協働企画である本展は、いつもの美術館展示室ではなく、大学が舞台となります。入場料無料ですので、お気軽にご覧いただけます。

いくつものギャラリーからなる「キャンパスが美術館」をめぐり、20世紀のモダニズム美術と私たちの日常を、「色」と「かたち」という観点で繋げて読み解きながら、そこから感じるものをみんなでワイワイ語らってみませんか。

※セイアンアーツアテンションは、成安造形大学が運営する「キャンパスが美術館」のメイン企画として、全てのギャラリーや学内各所を舞台に開催する総合芸術祭です。2011年春の芸術月間VOL.0の開催から数えて、今回で11回目となります。

 

◆主催: 滋賀県立近代美術館/成安造形大学

◆後援: 滋賀県教育委員会/京都新聞/ NHK大津放送局/ BBCびわ湖放送/

(公益社団法人)びわこビジターズビューロー/(公益社団法人)びわ湖大津観光協会/おごと温泉観光協会

◆会期: 2017年10月21日(土曜日)~11月26日(日曜日)

◆休館日: 11月8日(水曜日)・11月25日(土曜日)

◆開館時間:12:00~18時00分

◆会場:成安造形大学【キャンパスが美術館】

◆入場料:無料

◆アクセス:

◯電車の場合

大阪駅からJR京都線/湖西線で46分、京都駅からJR湖西線で20分「おごと温泉駅」下車

「おごと温泉駅」から滋賀銀行前のバス停より無料スクールバスで3分

日曜・祝日はスクールバス運休

「おごと温泉駅」から、路線バス94・96系統「成安造形大学前」下車

◯お車の場合

湖西道路(無料)仰木雄琴I.C.より6分     

学生駐車場(無料)ご利用頂けます

※11月3日(金・祝)はイベント開催のため駐車場がご利用いただけません。

必ず路線バスをご利用ください。

 

◆展示の構成:

本展では「色」と「かたち」を軸にした様々な作品や取り組みを、5つのセクションを通じてご紹介します。

□セクション1「色彩の饗宴」

モダニズムが切り拓いた華麗で豊かな色彩世界を、展示室の壁面を縦横無尽に使って大胆に展示します。

主な展示作品:アンディ・ウォーホル「フラワーズ」、ロイ・リキテンスタイン「積みわら」、

ロバート・モリス「無題」、元永定正「作品」、菅井汲「まるい森」、

伊庭靖子「untitled」ほか

□セクション2「黒の世界」

モダンアートが生みだしたもうひとつの色彩感覚、華やかな色彩の奔流とは正反対の“黒の作品”群の展示を通して、モダニズムの色彩について別の角度から見てみましょう。

主な展示作品:フランク・ステラ「ブラック・シリーズII」、リチャード・セラ「バック・トゥー・ブラック」、福岡道雄「波に寝る」、岡田修二「水辺 14」ほか

□セクション3「素材と場所」

素材感を生かしつつ周囲の空間を取り込んでいくモダンアートの立体作品群を展示し、素材と色彩と環境の関係について考えます。またブランクーシ作「空間の鳥」の彫刻台座をびわ湖材(滋賀県産の木材)で創作し展示するほか、参加型のプログラムも行います。

主な展示作品:コンスタンティン・ブランクーシ「空間の鳥」、

カール・アンドレ「Zink-Zink Plain」、ドナルド・ジャド「無題」ほか

□セクション4「地域とモダニズム」

滋賀県立近代美術館と、その収蔵作品の核のひとつであるモダンアート。それら収蔵作品を出発点として、地域の色やくらしを考える展示や参加型のプログラムなど、さまざまな試みを行います。滋賀県に住む人々やその人たちのくらしと、モダニズムとの関係性について考えます。

プロジェクトメンバー:渋谷 亮、谷本研、馬場晋作(以上成安造形大学)

高橋耕平(京都造形芸術大学)

□セクション5「ワイワイわれらの美術館」

開館34年目を迎える滋賀県立近代美術館の歴史や地域の人々との関係性について、多様な角度からご覧いただきます。美術館のかつて、いま、これからを皆さんと一緒に考え、身近な存在としての滋賀近美の、未来のかたちを探ってみませんか。

主な展示作品:滋賀県立近代美術館の備品(ソファ、台車)ほか

 

◆展覧会をより楽しむために

本展に関連し、学内各所でさまざまなプログラムも同時開催します。

□「めぐれ!つながれ!色とかたち。ワイワイわれらのモダニズム」の楽しみ方

本展を記念して、カフェテリア「結」紀伊國屋にて特別メニューをご用意するほか、触れる教材の展示、ミュージアムグッズの販売等を行います。

会場:カフェテリア「結」&ミュージアムショップ

定休日:11月8日(水曜日)、25日(土曜日)営業時間:11:00〜18時00分

 

◆会期中の催し

※会場は全て成安造形大学内です。詳細が決まり次第、成安造形大学【キャンパスが美術館】ホームページ上に順次掲載します。 http://www.seian.ac.jp/gallery

[講演会・シンポジウム]

□オープニングイベント10月21日(土曜日)

1.記者発表日時:12:00〜13時00分会場:成安造形大学プレゼンルーム

2.基調講演岡田修二(成安造形大学学長)

時間:13:30〜14時50分(開場は13時00分〜)

会場:成安造形大学 聚英館3階 聚英ホール

定員:150名(先着順)無料

3.パネルディスカッション 滋賀県立近代美術館学芸員×成安造形大学教員

時間:15:00〜17時00分(開場は14時50分〜)

会場:成安造形大学 聚英館3階 聚英ホール定員:150名(先着順)無料

4.ワイワイ交流会               

時間:18:00〜20時00分会場:カフェテリア「結」紀伊國屋

定員:70名※要事前申込、会費制

□成安造形大学キャンパスが美術館公開講座:「現代美術入門」

講師:千速敏男(成安造形大学【キャンパスが美術館】館長)

日時:10月28日(土曜日) 14時00分〜15時30分会場:成安造形大学 聚英館3階 聚英ホール

定員:150名(先着順)無料

[トークイベント]

□ギャラリートーク:

滋賀県立近代美術館のサポーターによる作品解説を実施いたします。

日時:会期中毎日14時00分~15時00分会場:成安造形大学内I棟受付

※ただし下記の日程は時間が変更になります。詳しくはHPをご覧下さい。

10月21日(土曜日)、10月27日(金曜日)、10月28日(土曜日)、11月3日(金・祝)、

11月12日(日曜日)、11月23日(木・祝)、11月26日(日曜日)

□ワイワイトーク

滋賀県立近代美術館学芸員と成安造形大学教員によるギャラリートークや座談会を行います。

日時:11月3日(金・祝)、11月12日(日曜日)14時00分~15時30分会場:成安造形大学内

□ワイワイトークファイナル

展覧会で見つけた・気づいた色々な話を、最終日にみんなでワイワイ話します。

日時:11月26日(日曜日)14時00分~15時30分会場:成安造形大学内

[ワークショップ・その他]

1.カラーサファリ

特製のカラーチャートを使って、カラーサファリに出かけよう!学内をくまなく巡り、色の不思議を見つけます。

日時:11月23日(木・祝)12時00分~、13時30分~、15時00分~(予定)、各回1時間程度

会場:成安造形大学内

2.カラーさわり(滋賀県立近代美術館×成安造形大学企画によるワークショップ)

カラフルな素材を触ったり貼ったりしながら、オリジナルな作品づくりにチャレンジしましょう。

日時:11月23日(木・祝) 13時00分~、14時30分~、16時00分~

会場:成安造形大学内

3.「つくろうワイワイわれらの美術館」(「地域とモダニズム」展示関連ワークショップ)

オリジナル移動美術館をつくりながら、モダンアートや作品が移動することの意味をみんなで対話し考えましょう。

日時:11月12日(日曜日)12時30分~17時30分(14時00分~15時30分まではワイワイトークに参加)

会場:成安造形大学内

4.「PhotoMusic実験室」(「地域とモダニズム」展示関連イベント)

ソフトウェア「PhotoMusic」を使用して、作品や風景の色を音に変換して楽しむと同時にさらに展開させ、展覧会最終日に新しいアウトプットを試みます。 http://photomusic.jp

日時:11月26日(日曜日)16時00分~(予定)会場:成安造形大学内

 

同時開催:

[会期内連携企画]

□新生美術館見本市「美の糸口-アートにどぼん!2017」

近代美術館で過去3回開催したワークショップの祭典「アートにどぼん!」が、今年は成安造形大学を舞台に開催されます。様々な団体による20種を超える楽しい子ども向けワークショップや、ステージなどの出展により、美術の楽しみ方や「美の滋賀の拠点」としての美術館とのつきあい方について、広く体験することができます。

日時:11月3日(金・祝)10時00分~16時00分会場:成安造形大学内

参加料:無料(一部有料のプログラムがあります)

主催:滋賀県、(公財)びわ湖芸術文化財団

□成安造形大学【キャンパスが美術館】常設展示

成安造形大学ゆかりのアーティストの作品が学内各所に設置されています。

 

展覧会企画チーム:

石川亮、馬場晋作、真下武久(以上成安造形大学)

平田健生、渡辺亜由美、古沢ゆりあ(以上滋賀県立近代美術館)

 

◆お問い合わせ先:

滋賀県立近代美術館 学芸課 渡辺亜由美、古沢ゆりあ、田平麻子

〒520-0807 大津市松本1-2-1

TEL. 077-522-2111  FAX. 077-522-2188

HP:http://www.shiga-kinbi.jp/

E-mail: watanabe@shiga-kinbi.jp、furusawa@shiga-kinbi.jp

◆成安造形大学お問い合わせ先

成安造形大学【キャンパスが美術館】事務局玉置慎輔、田中真吾

〒520-0248 滋賀県大津市仰木の里東4−3−1

TEL. 077-574-2111(代)FAX. 077-574-2120 

HP:http://www.seian.ac.jp/gallery/

E-mail: artcenter@seian.ac.jp

お問い合わせ

滋賀県立近代美術館 

電話番号:077-522-2111

ファックス番号:077-522-2118

メールアドレス:ck30@pref.shiga.lg.jp