文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年2月26日号 > 「美の滋賀」講座04―アーティストといっしょにワークショップ『かみぶくろのくにへようこそ』を開催します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年2月26日

「美の滋賀」講座04―アーティストといっしょにワークショップ『かみぶくろのくにへようこそ』を開催します

現在休館中の滋賀県立近代美術館に所蔵されている作品とその作者について、皆さんに身近に感じていただけるよう、作家によるワークショップを開催します。

今回お招きするのは、ユニークな作品や全国各地で開催されているワークショップで人気のアーティスト小沢剛(おざわつよし)さん。『かみぶくろのくにへようこそ』をテーマに、子どもたちと一緒に身近にある素材、かみぶくろを使ったワークショップを行っていただきます。

満席となりましたので、募集は終了しました

 
kouza_shashin1     kouza_shashin2

 

1.事業名

「美の滋賀」講座

 アーティストといっしょにワークショップ『かみぶくろのくにへようこそ』

2.主催

滋賀県(文化振興課新生美術館整備室・県立近代美術館)

3.開催日

平成30年3月11日(日曜日)

4.会場

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 3階研修室(大津市打出浜15-1)

5.講師

小沢 剛氏(現代美術家・東京芸術大学教授)

6.時間

10時00分~12時00分

7.参加費

無料

8.対象

幼児~小学生とその保護者

9.定員

お子様20名とその保護者(要事前申し込み・先着順) 

10.申込

株式会社JTB西日本 大津支店

電話またはFAXでお申し込みください

担当:三宅・氏家

TEL:077-522-4103 (9時30分~17時30分土日祝休)

FAX:077-522-2941

サイト:http://www.jtb.co.jp/shop/otsu/

10.チラシ

PDF 講座チラシ(PDF:562KB)

 

 

kouza_shashin3

講師:小沢剛氏 (現代美術家・東京芸術大学教授)

1965年東京生まれ。東京芸術大学絵画科油画専攻卒業、同大学院美術研究科壁画専攻修了。主な作品に、風景の中に自作の地蔵を建立し写真に収める《地蔵建立》、牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》、野菜でできた武器を持つ女性の写真シリーズ《ベジタブル・ウェポン》、日中韓の3人のアーティストによるユニット「西京人」など。近年の展覧会は、「西京人̶西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」(2016、金沢21世紀美術館)、「不完全パラレルな美術史」(2018、千葉市美術館)など。

県立近代美術館では醤油を用いて日本や世界の名画を再現する「醤油画」シリーズ2点を収蔵している。

 


滋賀県では、県内各地に点在する地域の文化的資源を生かした地域づくりや魅力の発信を行う「『美の滋賀』づくり」の取組を2011年より進めており、滋賀県立近代美術館はその一環として、過去から現在までの多彩な美の魅力を発信する「美の滋賀」の拠点・入口となる新生美術館として生まれ変わることをめざしています。

「美の滋賀」の魅力を多くの皆さんに知っていただくとともに、美術館に対する期待感を持っていただけるよう、今年度、株式会社JTB西日本に委託して「美の滋賀」講座および探訪ツアーを実施しています。

 

 ■これから開催の「美の滋賀」探訪ツアー【参加者募集中】

ツアー名

内容

実施日

旅行代金

同行専門家・解説

学芸員と行く

白洲正子が愛した湖北観音と神秘の島に出合う一日旅

古来より厚い信仰を集めてきた、竹生島や、「観音の里」と呼ばれ、長い歴史の中で地域の人たちによって守られてきた国宝十一面観音菩薩立像をはじめとする観音様を訪ねて、湖北地域をめぐります

大津駅発→米原駅→長浜港→竹生島クルーズ→長浜港→湖北観音めぐり→米原駅→大津駅着

2018年

3月4日

(日曜日)

7,000円

和澄浩介氏

(滋賀県立近代美術館

学芸員)

まつりの美を発見

フォトジェニック滋賀紀行

海外でも人気の高い「MIHOMUSEUM」の「猿楽と面」展や、近江八幡に春をもたらすと言われる華やかな左義長まつりを、滋賀の祭礼や風景の写真を撮り続けてきた写真家の案内でめぐります

大津駅発→MIHOMUSEUM→左義長まつり見学→大津駅着

2018年

3月18日

(日曜日)

5,000円

辻村耕司氏(写真家)

【展示解説】

髙梨純次氏

((公財)秀明文化財団参事(MIHO MUSEUM研究・展示担当))

※ツアーはいずれも日帰りです(旅行企画実施:JTB西日本)

※料金はいずれも税込、大人・子供同額です

※記載の同行専門家が変更になる場合もございます

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部文化振興課新生美術館整備室

電話番号:077-528-3346

ファックス番号:077-528-4833

メールアドレス:newmuseum@pref.shiga.lg.jp