満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

はじめにはじめに展示室展示室ライブラリーライブラリー平和学習支援平和学習支援貸し出し資料貸し出し資料施設概要・イベント情報施設概要・イベント情報

語りつぐ 平和へのねがい

HOME > 展示室 > 個人体験談【高木新一さん】

個人展示|戦場・戦地の人々

5200人のバンザイ

-キスカ島からの脱出-
高木 新一さん (大正11年生まれ 高島市)

高木さんは、役場からの勧誘で海軍を志願し、昭和17年5月に、舞鶴海兵団に入団しました。

その後、海軍砲術学校で高射砲の訓練を受けた高木さんは、アリューシャン列島のキスカ島へ向かう部隊へ配属され、昭和18年2月、キスカ島の飛行場警備のために派遣されました。



海軍入団前の高木さんと家族の記念写真



舞鶴海兵団卒業時(三等水兵)の高木さん



「キスカ島ゆうのは、ツンドラ地帯で、夏でも地面の30センチ下からは凍っていて、作物は採れないんです。朝が早うてね、夜明けはだいたい1時頃。夕暮れは普通やけど。ほて、6月、7月は霧の日が多いんです。」

当時キスカ島には、高木さんたちの部隊のほか、飛行場設営部隊や陸軍の部隊などが駐留していました。まもなく、この地域(北太平洋地域)への連合軍の攻撃が始まりました。5月には、キスカ島の西に位置するアッツ島は連合軍の猛攻を受け、日本軍守備隊は「玉砕」しました。敵に降伏することなく最後まで戦って全滅するということを「玉砕」と表現しましたが、アッツ島の「玉砕」が公式に発表された最初の「玉砕」でした。

アッツ島が占領されると、次はキスカ島への攻撃が激しくなっていきました。

「だんだん攻撃が激しくなってくると、人間今度は恐怖心にあおられてくる。恐怖心でもう、ほうけたようになるんです。『キスカぼけ』『キスカぼけ』ゆうてました。」

猛攻にさらされる高木さんたちへ、7月上旬転進命令が下りました。しかし、なかなか迎えの船が到着せず、玉砕を覚悟する高木さんたちでしたが、待ちに待った日がきました。

「7月29日、今日の昼までに入港するゆう連絡が入ったんです。その朝、急遽準備して集合場所に向かいました。スーッと湾口の霧が晴れてきて、船がマストの上まで見えてきたんです。『わあ、入ってきた、入ってきた』ゆうてね。」

その時の気持ちを高木さんは次のように語ってくれました。

「その時は、ほんまに5200人が、言葉に言い表せないくらいの喜びでいっぱいでした。『バンザイ、バンザイ』ゆうてね。」

県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」

■お問い合わせ■
滋 賀 県 平 和 祈 念 館 は こちら

滋賀県
東近江市下中野町431番地