満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

はじめにはじめに展示室展示室ライブラリーライブラリー平和学習支援平和学習支援貸し出し資料貸し出し資料施設概要・イベント情報施設概要・イベント情報

語りつぐ 平和へのねがい

HOME > 展示室 > 個人体験談【峯森清夫さん】

個人展示|戦場・戦地の人々

生き抜いたビルマ戦線

-初めて弾がヒューンヒューンと来た時はびっくりした-
峯森 清夫さん (大正12年生まれ 高島市)

昭和19年2月に現役で入隊した峯森さんは、新兵教育もそこそこに、ビルマ戦線に向かいました。すでにビルマ(現ミャンマー)は英軍に制空権を握られており、峯森さんの部隊は、装甲車や戦車で進んでくる敵に対して、歩いて防御しながら、インパール作戦から下がってくる兵隊達を収容していきました。 補給もなく、マラリアと栄養失調で骨と皮だけになった兵隊達は、もう助からないと思い、手榴弾で自爆する者もたくさんいました。

だんだんと戦いは熾烈を極め、峯森さんの鉄兜の真上を弾が飛び交います。

「敵の観測機が陣地を観測して、皆向こうの陣地に連絡しよる。枝でうっとうしいなるくらい偽装して、木のかたまりのとこへ身を寄せてても、向こうは知っとるさかい、弾が飛んでくるんですわ。何時敵が来よるかわからんで、手榴弾も安全栓抜いて、銃口を立てて。ほしたら、戦車砲の砲撃を食ろたんや。ものすごい爆風や。」

死んだと思った峯森さんが気がつくと、偽装は吹き飛んでしまい、胸のあたりまで砂に埋まっていました。

初年兵ですさまじい野戦場に身を置いた峯森さんは、「戦争ちゅうなもんはせんこっちゃ。ほんなもん、ひどいもんや。」と断言します。







戦場で峯森さんが使っていた鉄かぶと


県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」

■お問い合わせ■
滋 賀 県 平 和 祈 念 館 は こちら

滋賀県
東近江市下中野町431番地