満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

はじめにはじめに展示室展示室ライブラリーライブラリー平和学習支援平和学習支援貸し出し資料貸し出し資料施設概要・イベント情報施設概要・イベント情報

語りつぐ 平和へのねがい

HOME > 展示室 > 個人体験談【西村品造さん】

個人展示|戦場・戦地の人々

隊付け衛生兵として激戦の地へ

-銃弾が貫通したけど、私は運がよかった-
西村 品造さん (大正7年生まれ 大津市)

昭和13年に現役歩兵として入隊した西村さんは、のちに衛生兵に転科になりました。歩兵と共に戦闘に行き、戦場で倒れた兵士にその場で手当てをするのです。

昭和16年12月、シンガポール攻略というマレー作戦に、医療鞄を持ち出動した西村さんは、歩兵と共に進撃をしました。どんどんどんどん進撃して、バクリというところでイギリス軍と激しい戦闘となりました。

敵味方双方から行き交う弾をかいくぐり、味方の負傷者の止血や手当てをしていた西村さんも、とうとうガーンという激しい衝撃を受けて、倒れてしまいました。銃弾が鎖骨下を貫通したのです。あと1cm上でも下でも動脈や心臓一撃のところを、間一髪で助かった西村さんは、幸いにも衛生隊に収容され、クアラルンプールの兵站病院に入院しました。

傷が治っても手が上がらない状態でしたが、それでも退院後はスマトラやジャワ島の警備につき、昭和18年に、スマトラ島で長期服務者として内地帰還を命じられ、帰国除隊となりました。

「私は運がよかったから助かった。」

昭和20年4月に再び召集された西村さんは、渥美半島の警備につき、そこで終戦を迎えました。



医療鞄をもっている西村さん



内地での演習の際、衛生兵の仲間と一緒に撮った写真
(右から2人目が西村さん)

県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」

■お問い合わせ■
滋 賀 県 平 和 祈 念 館 は こちら

滋賀県
東近江市下中野町431番地