満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

こんなことがありました

平成25年(2013年)7月31日(水曜日)

「しがまなび発見!」に参加しました


7月31日(水曜日)に大津市のピアザ淡海で「しがまなび発見!」で開催され、当館も「歴史・文化ゾーン」に参加しました。午後からは学習会を2回開催し、親子で戦争や平和について考えてもらうことができました。この催しは、8月6日(火曜日)にも米原市の文化産業交流会館で開催されますので、ぜひご来場ください。

平成25年(2013年)7月28日(日曜日)

「博物館夏祭り」に参加しました


ビバシティ彦根で開催された「博物館夏祭り」に参加しました。当日は、県内にある11の施設が参加して、各施設の特色を生かした体験イベントなどが実施されました。 当館は、ボランティアの絵本・紙芝居読み聞かせ活動グループに協力していただき、子どもたちに向けて紙芝居2作品を上演しました。会場では、親子で楽しく紙芝居を聞いている姿が見られました。 また、8月18日(日曜日)には、同グループによる人形劇を滋賀県平和祈念館において上演する予定ですので、 ぜひご来館ください。

夏休みミュージアム・スクール「へいわの学校・あかり」を開校しました


7月28日(日曜日)に「へいわの学校・あかり」を開校しました。この日は「戦時食を作って、食から戦争を考えよう」という内容で、6組の親子が参加され、「すいとん」を作りました。
参加した子どもたちからは、「とても貴重な体験ができ、家でもすいとんを作ろうと思いました。」、「祖母に戦争のときの話をたくさん聞いてみたい。」といった感想がありました。
8月も毎週土曜日に「へいわの学校・あかり」を開校します。体験型のプログラムも用意していますので、夏休みの自由研究にもぴったりです。ぜひ親子でご参加ください。

平成25年(2013年)7月19日(金曜日)

滋賀県立甲良養護学校より花が寄贈されました


このたび、滋賀県立甲良養護学校のみなさんが丹誠込めて育てたマリーゴールドやサルビアなど、プランター20鉢をいただきました。 いただいた花々は、当館の入口で来館者のみなさまを迎えるように、きれいに咲き誇っています。 ご来館の際には、ぜひご覧ください。

平成25年(2013年)7月13日(土曜日)

ボランティア登録講座を開催しました


7月13日(土曜日)に今年度第2回目のボランティア登録講座を開催しました。
今回の講座には、新たにボランティア登録を希望する4名の方が出席され、館の概要やボランティア活動、展示についての説明を聞いていただきました。
当館では引き続き、一緒に平和祈念館の活動を盛り上げていただけるボランティアの方を募集しています。
なお、次回のボランティア登録講座は、10月に開催する予定です。

平成25年(2013年)7月7日(日曜日)

戦争遺跡フィールドワークを開催しました


7月7日(日曜日)、滋賀県立大学 教授 中井均さんを講師にお招きして、「大津第九連隊にかかわる戦争遺跡めぐり」をテーマにしたフィールドワークを開催しました。当日は厳しい暑さの中、関心の高い方々(約20名)とともに、若鷲の碑、御幸山の紀念碑、園城寺の絵馬などを巡りました。
中井さんからは、それぞれの戦争遺跡の詳しい説明や戦争遺跡を残すことの大切さをお話しいただきました。

平成25年(2013年)7月5日(金曜日)

布ぞうり作り教室を開催しました


7月5日(金曜日)にふみおばちゃんを指導者にお招きして、布ぞうり作り教室を開催しました。
当日は18名の参加者があり、ふみおばちゃんに作り方を教えてもらいながら、熱心に作業されている姿がありました。
参加された皆さんからは、「楽しかった。家でもつくりたい。」、「初めての体験で最初は難しかったけど楽しくできました。」といった感想がありました。