満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

こんなことがありました

平成25年(2013年)10月12日(土曜日)

平和学習講座「日本の軍隊と自衛隊」を開催しました


10月12日(土曜日)に、佛教大学歴史学部 教授 原田敬一先生をお招きして、平和学習講座(全4回中の第2回)を開催しました。
原田先生からは「日本の軍隊と自衛隊」をテーマにご講義いただき、前回を上回る受講者からは「戦前の軍隊について、漠然としたイメージしか持っていなかったが、自衛隊との比較で系統だった説明だったので、頭に入り易かった。」などの感想が見られました。
今後、原田先生には、11月9日(土曜日)に「『坂の上の雲』と日露戦争以後」を、12月14日(土曜日)に「戦争の終わらせ方」をテーマにご講義いただく予定です。1回のみの受講も可能ですので、受講を希望される方は滋賀県平和祈念館までご連絡ください。

平成25年(2013年)10月6日(日曜日)

「そだてて、たべよう!戦時食」(2回目)を開催しました


10月6日(日曜日)、「そだてて、たべよう!戦時食」(2回目)を開催しました。
6月に苗を植えたサツマイモの収穫、そしてそのサツマイモを使った戦時食づくりに14名のみなさんが取り組みました。さわやかな秋晴れのもと、家族で大きく育ったサツマイモを掘ることができました。
戦時食づくりでは、「焼きいも」、「茶巾しぼり」「いもご飯」を作りました。親子で協力して作り、採れたての秋の味覚を味わうことができました。
「戦時中の味付けのためか薄味でしたがサツマイモのおいしさをすごく感じました。また、日ごろの料理の味付けを見直しました。」と楽しい活動の中にも、食を通して戦争や平和について考えていただくことができたと思います。

平成25年(2013年)10月5日(土曜日)

第6回企画展示「滋賀で学ぶ戦争の記録」が始まりました!


10月5日(土曜日)から、第6回企画展示「滋賀で学ぶ戦争の記録」を開催しています。
今回の企画展では、滋賀県と戦争とのかかわりについて紹介します。

戦争があったころ、滋賀県でもいろいろな出来事がありました。
しかし、当時のことを知る人はだんだん少なくなってきています。
終戦から68年たった今、当時学校や地域で起こったことを知り、地域に残る戦争の記録を調べることから平和へのねがいを語りつぐきっかけづくりを目指します。

なお、10月13日(日曜日)14時から展示説明会を開催します。(所要時間は約30分です。)