• サイトマップ
  • 滋賀県ホームページ

 

語りつぐ 平和へのねがい

イベント情報

平成30年5月12日(土曜日)
  • 14:00~15:30
語り部次世代育成講座 説明会
「語りつぐために」 -語り部次世代育成講座について-

平成30年度からの新事業「語り部次世代育成講座」を始めるに当たって、説明会を開催します。講座の趣旨・ねらい・内容について説明します。
講師 滋賀県平和祈念館 館長 端 信行
場所 滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
定員 なし
申込方法 申込は随時受付しています。
電話、FAXまたはE-mailで、氏名・住所・電話番号をご連絡下さい。

〒527-0157 東近江市下中野町431番地
TEL 0749-46-0300 FAX 0749-46-0350
E-mail heiwa@pref.shiga.lg.jp
平成30年5月13日(日曜日)
  • 13:30~15:00
戦争体験を聞く会※事前申込み不要
語り部 藤崎 高男さん
(大正15年生まれ、野洲市在住)
内容 「語り継ぐシベリア抑留」
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年5月20日(日曜日)
  • 10:30~12:00
滋賀県平和祈念館ボランティア登録講座


 県民の戦争体験を語りつぎ、戦争の悲惨さや平和の尊さを学び、平和を願う心を育むための拠点施設である平和祈念館では、館の活動に参加いただけるボランティアを募集しています。新たにボランティア登録を希望する方を対象としたボランティア登録講座を開催します。現在、約50名のボランティアの方が、来館者案内活動をはじめ、戦時食体験活動、創作紙芝居・人形劇上演活動、手紙等解読活動などに参加されています。戦争の悲惨さや平和の尊さを伝える活動に関心のある方のご応募をお待ちしています。
内容 【滋賀県平和祈念館ボランティア登録講座】
(ボランティア登録には当講座の受講が必要です)
1. 開催日時:平成30年5月20日(日曜日) 10時30分~12時
※上記の日程外に、以下のとおりボランティア登録講座の開催を予定しています。講座の内容は各開催日とも同じです。
【今後の開催予定日】
平成30年11月18日(日曜日) 10時30分~12時
2. 講座内容(予定)
・滋賀県平和祈念館の概要について
・滋賀県平和祈念館におけるボランティア活動について
・施設案内
3. 応募方法:ボランティア登録講座への参加申し込みは随時受け付けています。氏名・住所・電話番号などの連絡先および参加動機を記載のうえ、滋賀県平和祈念館あてに郵送、ファックス、メールのいずれかの方法でお申し込みください。
4. 参加要件
・滋賀県平和祈念館の考え方に賛同し、協働で活動に取り組む意思をもっている方であること。
・住所や年齢による制限はありません。ただし、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
・ボランティアとして活動いただくにあたり、県から交通費や食費、賃金などの支給はありません。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 なし
参加料 無料
平成30年5月26日(土曜日)
  • 14:00~16:00
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『平和祈念館ってどんなところ?』
 ワークシートの質問に答えながら、展示を見学します。そして、バックヤードツアーも実施。人気企画のオリジナル缶バッジづくりもします。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料
平成30年5月27日(日曜日)
  • 13:30~
映画上映会※事前申込み不要
上映作品 ドキュメンタリー映画「疎開した40万冊の図書」(102分)

内容  1944年、都立日比谷図書館長に就任した中田邦造は、人手もない中、蔵書の一部を疎開すること検討。その際、民間人が蒐集している貴重な本も買上げ、疎開させた。「本」を戦火から守っ人々を追うドキュメンタリー。日本、2013年制作
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年6月3日(日曜日)
  • 9:30~12:00
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『育てて食べよう戦時食①』
 戦時中によく食べられていたさつまいもを植えます。戦時中に食べられていた野草を探すゲームや戦時中のおやつの試食体験をします。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料
平成30年6月9日(土曜日)
  • 9:30~17:00(開館時間)
第20回企画展示「戦場となった滋賀 -県下の戦争遺跡-」開始(9/24(月・休)まで)
標題 第20回企画展示「戦場となった滋賀 -県下の戦争遺跡-」
内容  先の大戦の末期は、日本は米軍の本土決戦が避けられないところまで追いつめられました。軍部は国内の軍隊・軍事施設を増強し、地下陣地・塹壕や避難壕を設置して、本土決戦の準備をはじめます。一方、米軍も本土上陸にさきだって、都市や鉄道・港湾施設などに対して激しく空襲してきました。地上戦にはいたらなかったものの、大半の国民が暮らす本土は戦場へと変わりはじめていたのです。このことは滋賀県でもかわりませんでした。
 今回は、滋賀県において戦時に設けられた軍事施設と避難壕、そして本県を襲った空襲を総覧して、現在に残るこれらの遺跡について紹介します。
場所 滋賀県平和祈念館 1階 展示スペース(東近江市下中野町431番地)
入館料 無料
平成30年6月9日(土曜日)
  • 14:00~15:30
館長講座「自分史づくり講座」
(偶数月第2土曜日に開催)

今日では、私たち一人ひとりの人生は、かけがえのないものとなっています。また、生きた時代の記憶を伝承する場もありません。昭和の前半を生きたひとは、その記憶をたしかめつつ、それをつぎの世代に伝える義務があるとも言えます。自分史とは、自分の記憶をたよりに、自分のことばで、自分の生きた時代の証言を綴ることです。
平和祈念館の館長講座は、みなさまの自分史づくりをお手伝いします。
講師 滋賀県平和祈念館 館長 端 信行
場所 滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
定員 なし
申込方法 申込は随時受付しています。
電話、FAXまたはE-mailで、氏名・住所・電話番号をご連絡下さい。

〒527-0157 東近江市下中野町431番地
TEL 0749-46-0300 FAX 0749-46-0350
E-mail heiwa@pref.shiga.lg.jp
平成30年6月10日(日曜日)
  • 13:30~15:00
戦争体験を聞く会※事前申込み不要
語り部 竹村 季乃さん
(昭和13年生まれ、湖南市在住)
内容 「戦地からの手紙 ~家族を想う父とともに~」
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年6月24日(日曜日)
  • 13:30~
映画上映会※事前申込み不要
上映作品 「NO」(118分)

内容  1988年、南米チリ。軍事独裁に対する国際批判が強まる中、ピノチェト政権の信任を問う国民投票が行われることに。投票までの27日間、反対派「 NO 」陣営に許されたのは、深夜15分枠の"TVコマーシャル"だけだった。チリ・アメりカ・メキシコ合作、2012年
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年7月1日(日曜日)
  • 13:30~15:00
平和学習講座「人間爆弾『桜花』比叡山基地までの道」 
講師 藤原 耕均 氏(豊の国宇佐市塾 塾生)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、県民の戦争体験を語りつぎ、平和を願う心をはぐくむための施設として、各種の展示とともに様々な学習プログラムを実施しています。
主な対象 一般
内容  「桜花」は、旧日本海軍が戦局打開の為に開発した特攻兵器で、人間爆弾とも呼ばれました。1945年3月の九州沖航空戦から使用され、終戦間際には比叡山にも「桜花」の訓練基地が建設されました。米国国立公文書館等に所蔵された映像・公文書より、米軍から見た「桜花」、そして比叡山「桜花」基地についての映像と共に上映・解説していただきます。
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(申込先着順)
参加料 無料
平成30年7月14日(土曜日)
  • 14:00~15:30
語り部次世代育成講座
(奇数月第2土曜日に開催)


講師 滋賀県平和祈念館 館長 端 信行
場所 滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
定員 なし
申込方法 申込は随時受付しています。
電話、FAXまたはE-mailで、氏名・住所・電話番号をご連絡下さい。

〒527-0157 東近江市下中野町431番地
TEL 0749-46-0300 FAX 0749-46-0350
E-mail heiwa@pref.shiga.lg.jp
平成30年7月15日(日曜日)
  • 13:30~15:00
戦争体験を聞く会※事前申込み不要
語り部 小西 久次郎さん
(昭和4年生まれ、彦根市在住)
内容 「予科練での日々と戦後の生活」
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年7月22日(日曜日)
  • 14:00~15:30
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み(定員に達しました。たくさんの申込みありがとうございました。キャンセル待ちは受付可。)


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『教えて戦争体験Ⅰ【目玉焼きをくれた兵隊さん】』
 戦争末期、御園国民学校に空襲がありました。当時、児童であった方に来ていただき、ご自身の戦争体験をお話していただきます。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 40名(申し込み先着順)
参加料 無料
平成30年7月29日(日曜日)
  • 14:00~16:00
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『「すいとん」ってどんなもの?』
 戦時中、ご飯の代わり「代用食」として食べられていたすいとん。実際に調理をして食べることで、当時の食事情を考えます。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料(ただし、保険料20円必要)
平成30年7月29日(日曜日)
  • 13:30~
映画上映会※事前申込み不要
上映作品 「迎春花」(74分)

内容  奉天(瀋陽)にある日本の建設会社の支社に赴任してきた支店長の甥が、同じ会社にいる女性や支店長の娘とくりひろげる青春映画。ハルビンでの氷上祭り様子や、エキゾチックな街並みなども写し出されています。日本(満州映画協会)、1942年制作
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年8月4日(土曜日)
  • 13:00~16:30
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み(定員に達しました。たくさんの申込みありがとうございました。キャンセル待ちは受付可。)


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『戦跡めぐりof八日市飛行場』
 八日市飛行場にかかわる戦争遺構や跡をバスでめぐります。あの「掩体壕」も見学します。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料(ただし、保険料20円必要)
平成30年8月9日(木曜日)
  • 14:00~15:30
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『教えて戦争体験Ⅱ【長崎に落とされた原爆】
 昭和20年8月9日、長崎に原子爆弾が投下されました。その原子爆弾で被爆した方に来ていただき、お話をしていただきます。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 40名(申し込み先着順)
参加料 無料
平成30年8月11日(土曜日)
  • 14:00~15:30
館長講座「自分史づくり講座」
(偶数月第2土曜日に開催)

今日では、私たち一人ひとりの人生は、かけがえのないものとなっています。また、生きた時代の記憶を伝承する場もありません。昭和の前半を生きたひとは、その記憶をたしかめつつ、それをつぎの世代に伝える義務があるとも言えます。自分史とは、自分の記憶をたよりに、自分のことばで、自分の生きた時代の証言を綴ることです。
平和祈念館の館長講座は、みなさまの自分史づくりをお手伝いします。
講師 滋賀県平和祈念館 館長 端 信行
場所 滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
定員 なし
申込方法 申込は随時受付しています。
電話、FAXまたはE-mailで、氏名・住所・電話番号をご連絡下さい。

〒527-0157 東近江市下中野町431番地
TEL 0749-46-0300 FAX 0749-46-0350
E-mail heiwa@pref.shiga.lg.jp
平成30年8月13日(月曜日)
  • 14:00~16:00
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『わたしたち平和へのねがい調査隊
 来館者や街頭で平和に関するアンケート調査をします。一般のみなさんの考えや思いに直接ふれ、あなたの平和に対する思いを深めます。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料
平成30年8月13日(月曜日)
  • 15日まで
平和を祈念する日事業

※いずれも事前申込み不要


 滋賀県平和祈念館では、8月13日から15日を「平和を祈念する日」として、さまざまなプログラムを実施します。
内容


未定



場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)2階 研修室・多目的室
参加料 無料
平成30年8月25日(土曜日)
  • 12:00~17:00
子ども向け体験型平和学習
「平和の学校あかり」(前期講座)
※要事前申込み(定員に達しました。たくさんの申込みありがとうございました。キャンセル待ちは受付可。)


 滋賀県平和祈念館では、「子ども向け体験型平和学習 平和の学校あかり」を行います。滋賀県平和祈念館での講座をはじめ、戦跡めぐりや聞き取り調査などフィールドワークにも取り組みます。親子での参加も可能です。
主な対象 小学6年生~中学3年生
内容 『戦跡めぐりin大津』
 「軍都」と呼ばれた大津市。その大津市に今も残るさまざまな戦争の跡を バスでめぐります。
場所 滋賀県平和祈念館 (東近江市下中野町431番地)
定員 20名(申し込み先着順)
参加料 無料(ただし、保険料20円のほか施設入館料が必要)
平成30年8月26日(日曜日)
  • 13:30~
映画上映会※事前申込み不要
上映作品 ドキュメンタリー映画「私はシベリヤの捕虜だった」(86分)

内容  敗戦によりソ連軍の捕虜となり、シベリアで強制労働を強いられた主人公5人の男たち。過酷な労働、寒さ、飢えの日々中、次々と仲間を失っていく。シベリア捕虜生活経験者の証言を基に再現したセミ・ドキュメンタリー映画。日本、1952年制作
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
定員 80名(当日先着順)
参加料 無料
平成30年9月8日(土曜日)
  • 14:00~15:30
語り部次世代育成講座
(奇数月第2土曜日に開催)


講師 滋賀県平和祈念館 館長 端 信行
場所 滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
定員 なし
申込方法 申込は随時受付しています。
電話、FAXまたはE-mailで、氏名・住所・電話番号をご連絡下さい。

〒527-0157 東近江市下中野町431番地
TEL 0749-46-0300 FAX 0749-46-0350
E-mail heiwa@pref.shiga.lg.jp
平成30年9月30日(日曜日)
  • 13:30~
映画上映会※事前申込み不要
上映作品 ドラマ「紅白が生まれた日」(72分)

内容  終戦からわず4か月後の大晦日。一人のディレクターのひらめきを発端として「紅白歌合戦」の前身となった番組、紅白音楽試合」が放送された。傷ついた人々に歌声を届けようと、奮闘するスタッフや歌手たちの人間模様を描く。日本、2015年制作
場所 滋賀県平和祈念館 2階 研修室
(東近江市下中野町431番地)
参加料 無料
ページトップへ