文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > まちづくり・防災 > まちづくり > 景観・屋外広告物 > 滋賀県の景観関連施策について

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

滋賀県の景観関連施策について

   滋賀県では昭和59年に景観に関する独自条例である「ふるさと滋賀の風景を守り育てる条例(風景条例)」を制定し、美しい湖国の風景づくりに取り組んできました。

   一方、平成16年に「景観法」が制定され、自治体が主体的に景観行政を推進できる制度が整えられました。

   景観法の制定を機に、滋賀県においても一層の景観行政の推進を図るため、風景条例を改正するとともに滋賀県景観計画を策定し、平成21年3月27日から施行しました。

   一定規模以上の建築行為等を行う場合については、滋賀県への届出が必要になります。

 また、次の各ページでは滋賀県景観計画や風景条例のほか、景観に関する施策の情報提供をしています。

滋賀県景観計画

届出制度について

景観計画ガイドライン

景観形成地域・地区の
指定区域図

届出様式および添付書類

風景条例および施行規則

近隣景観形成協定について

湖国風景づくり宣言
(PDF:2,861KB)

滋賀県景観審議会

屋外広告物のルール

関連リンク集

滋賀県の街道(PDF:292KB)

滋賀県の歴史的街道景観(PDF:2,412KB)

平成28年度景観シンポジウム「近江の風景と街道」(PDF:1,065KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。