文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > まちづくり・防災 > 住宅・建築 > 住宅 > 住まいの安全対策係 > 木造住宅の耐震化に係る概算費用算出(補強案作成)事業について(平成26年度創設)

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

木造住宅の耐震化に係る概算費用算出(補強案作成)事業について(平成26年度創設)

  滋賀県では、琵琶湖西岸断層帯地震および南海トラフ巨大地震が発生した場合、震度6強以上の揺れが発生する地域があり、このことに伴う甚大な被害発生の危険性が予想されています。

  建築基準法の耐震基準が改正された昭和56年5月31日以前に着工された(旧基準)建築物は、現行の耐震基準を満たさない恐れがあることが指摘されており、 過去の地震被害調査の結果から、旧基準で建築された木造住宅の対策が急務です。

  今後起こるとされている琵琶湖西岸断層帯における地震や、甚大な被害想定がされている南海トラフ巨大地震に備え、一人でも多くの人命を救うために、耐震改修を行う際の補強案とともに改修費用の概算を提示することで改修時の大きな不安要素を解消し、個人木造住宅の耐震化を促進することを目的として、各市町と協同で本事業を行います。

〇事業の概要

   本事業は、昭和56年5月以前に建築されている木造住宅で、各市町が行う無料耐震診断員派遣事業などで耐震診断(※)を受けた結果、上部構造評点0.7未満(耐震性がない)と判定された木造住宅の所有者が希望した場合に、耐震性がないと判定された木造住宅を上部構造評点0.7以上に引き上げる耐震改修の補強案と概算費用の算出を行います。

  事業は各市町が実施し、滋賀県に登録していただいている耐震診断員の方に概算費用と補強案の作成を行っていただきます。

  ※:耐震診断・・・(一財)日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」による耐震診断

 

〇補助対象となる木造住宅の要件

  • 昭和56年5月31日以前に着工され、完成しているもの
  • 延べ面積の半分以上が住宅として使われているもの
  • 階数が2以下で、かつ延べ面積が300平方メートル以下のもの
  • その他特殊な工法で建築されたものでないもの
  • その他詳細は市町の補助要綱による

        ※対象木造住宅は、木造住宅耐震診断員派遣事業および木造耐震・バリアフリー改修等事業費補助と同じです。

〇事業の流れ

     原則、1.~6.の順番で事業は進みます。(市町によっては異なる場合がありますので詳細は各市町にご確認ください。)

  まずは耐震診断を受けてください。滋賀県各市町で実施する無料耐震診断員派遣事業について、 詳しくはこちらを参照ください。(無料耐震診断員派遣事業

    1.木造住宅の所有者が各市町の窓口に依頼

    2.各市町が受付を行い、耐震診断員を派遣

    3.無料で耐震診断を実施

    4.耐震診断の結果、上部構造評点が0.7未満(耐震性がない)と判定

  上部構造評点0.7未満と判定された場合、次に補強案と概算費用の算出の事業を行います。    

    5.耐震改修に係る補強案と概算費用の算出・提示

      概算書の例はこちらを参照してください。(提出する概算書の一例(PDF:108KB)

    6.補強案の内容と概算費用についての説明

  耐震改修に係る費用や補強案を確認いただき、補助制度を利用して耐震改修をしてください。滋賀県各市町で実施する耐震改修に係る補助制度について、詳しくはこちらを参照ください。(耐震・バリアフリー改修等事業

 

〇本事業の注意点

  • 本事業はあくまで耐震改修に係る概算費用(補強案)作成の事業です。お示しする概算費用は、耐震診断の結果を踏まえ、最低限必要な補強箇所を機械的に算出したものですので、実際の改修工事の際は、現状の詳細な調査および使い勝手などを検討した上の計画が必要となることに注意してください。
  • 概算費用は、全国的な平均額で算出したものであり、経費は含まれておりません。
  • 実際の改修工事の際には、精密な耐震診断と補強設計が必要です。また、補強の位置についても、個々の住まい方により、設計者と相談して決定し、補強計画を作成する必要があり、この場合には、概算額から増減が発生する可能性があることをご承知おきください。
  • 一般的に耐震改修工事とあわせて水回りのリニューアル等の工事が行われることが多いですが、概算費用には含まれておりません。
  • 平成26年度は、全ての市町が本事業を実施しているわけではありません。詳細については各市町の担当窓口にお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県土木交通部建築課建築指導室

電話番号:077-528-4262

ファックス番号:077-528-4912

メールアドレス:antai@pref.shiga.lg.jp

住まいの安全対策係