文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > まちづくり・防災 > 河川・砂防・ダム > ダム > 流域政策局水源地域対策室(滋賀の治水ダムトップページ)

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

流域政策局水源地域対策室(滋賀の治水ダムトップページ)

最新情報 

仕事と役割

県土木交通部管理のダムは姉川ダム、宇曽川ダム、日野川ダム、おおづちダム、石田川ダムと余呉湖です。計画中ダムは北川第一第二ダムで、国交省では大戸川ダムと水資源機構ではにうダムが計画されています。

このページでは治水を主目的とするダムの紹介しています。河川に関することは「流域政策局」のページでご覧下さい。

ダムの地図上の位置を調べたい方は治水関連県内ダム一覧のページの国土地理院「地理院地図」をクリックして下さい。

滋賀県土木交通部におけるダム事業は、1956年に、余呉川総合開発事業として自然湖に導水路や放水路トンネルを設け一時的に余呉川の洪水流を引き入れ余呉川中下流の洪水被害の軽減を図るとともに、余呉湖の水を下流域のかんがい用水に利用する計画から始まりました。この事業は、1959年度に完成し、その後、日野川ダム石田川ダム宇曽川ダム青土ダム及び姉川ダムの6つのダムが完成しています。北川ダムは、国の要請に基づきダム検証を行い、県の対応方針として「北川ダム建設事業は一旦中止し、河道改修を先行する。」こととしました。芹谷ダムは平成21年1月14日に中止としました。

大戸川ダムは瀬田川支川大戸川で、丹生ダムは姉川支川高時川で計画されてきましたが、平成21年3月に策定された国の淀川水系河川整備計画では、大戸川ダムは「洪水調節目的専用の流水型ダムとするが、ダム本体工事については、中・上流部の河川改修の進捗状況とその影響を検証しながら実施時期を検討する」とされています。また、丹生ダムは平成26年1月に開催された丹生ダム建設事業の検証における第1回検討の場において、事業主体から「ダム建設を含む案は有利ではない」との評価(案)が示されました。→大戸川ダム・丹生ダムリンクへ

 

 

 

平成28年度組織目標評価

 平成27年度の評価及び28年度の目標(PDF:170KB)

 

コンテンツ一覧

ダムの紹介 

滋賀県内の治水関連のダムを紹介します。

青土(おおづち)ダム湖の風景県土木交通部で管理運用中のダムを紹介します。

ダムの社会資本総合整備計画へのリンクです。

最近の多雨による治水効果を紹介します。

一旦中止(県の対応方針)のダムを紹介します。

計画を中止しましたダムの内容です。 

姉川ダムにおいて水力発電を実施します。

このページのトップに戻る

宇曽川ダム湖の風景河川総合開発事業の概要 

河川総合開発事業の概要を説明します。

このページのトップに戻る

北川ダム予定地周辺の県道の写真。水源地域対策 

水源地域対策の概要を説明します。

 

 

 

 

このページのトップに戻る

姉川ダム湖の風景環境対策 

ダムにおける環境対策を紹介します。

 

 

 

このページのトップに戻る

日野川ダム湖の岸辺夏のダムの催し 

夏に開催される「森と湖に親しむ旬間」行事を紹介します。

このページのトップに戻る

石田川ダムの風景ダムのはなし 

ダムについてのおはなしです。

 

 

このページのトップに戻る

治水ダムの動きです。普段は水が少なく、大雨のときは洪水の一部を一時的に貯水します。Q&A 

ダムに関する質問にお答えします。




このページのトップに戻る

用語集へ絵付きダム用語解説集 

関連用語を絵や写真入りで解説しています。
(136語収録中)

 

 

このページのトップに戻る

余呉湖導水路の風景関係機関一覧(リンク) 

県内のダム事務所などを紹介します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県土木交通部流域政策局水源地域対策室

電話番号:077-528-4170

ファックス番号:077-523-3613

メールアドレス:suigen@pref.shiga.lg.jp

( 旧 河川開発課 )