文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2016年6月28日

びわこ花噴水

花噴水1.琵琶湖観光の玄関口にある大津港の沖合いに位置し、世界最大級の長さを誇るこの花噴水は、平成7年3月の完成以来、多くの県民のみなさまや琵琶湖を訪れた観光客のみなさまに親しまれています。

美しい琵琶湖を背景に噴き上げられた水は、高さ最大40メートル。放水される水量や角度により、さまざまな形に変化し、昼は涼感あふれる風景を、夜はライトアップにより、色とりどりの幻想的な風景を作り出しています。

 

びわこ花噴水の概要 

平成28年度運転計画

※悪天候時には運転を中止します。

※関西電力株式会社管内での電力需給ひっ迫時(使用率97%)は運転を中止します。 

当日の運転中止等にかかるお問い合わせは、
大津港指定管理者琵琶湖汽船株式会社[TEL:077-521-6016、所在地:大津港旅客ターミナル1階事務室]まで  

臨時運転・運休のお知らせ

 節電に伴う一部運転休止について

今夏の電力供給の安定に向けて、本県では「みんなで省エネ・節電クールライフ2016」に取り組んでおり、その一環として下記のとおり大津港「びわこ花噴水」の運転を一部休止いたします。

節電期間中の運転時間は、「平成28年度「びわこ花噴水」夏季節電期間中の運転時間」(PDF:29KB)をご覧ください。

 

1 一部運転を休止する期間

 平成28年7月1日(金曜日)~9月30日(金曜日)の平日

2 運転を休止する時間帯

 【昼の部】 12時00分~13時00分

 【夜の部】 19時00分~20時00分(7月1日(金曜日)~8月31日(水曜日))

                 18時00分~20時00分(9月1日(木曜日)~9月30日(金曜日))

  • 7月7日(木曜日)は、環境省が提唱する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の趣旨に賛同して、終日運転を休止します。
  • 期間中の平日は、夜の部は1時間(20時00分~21時00分)のみ運転することとし、9月1日(火曜日)~30日(水曜日)の間もこの時間帯での運転とします。
  • 上記の時間帯以外でも、関西電力(株)管内で電力需給ひっ迫時には、運転を休止します。
  • 大津港でのイベント開催に伴い、運転時間を変更する場合があります。
  • 悪天候時には運転を中止します。

3 効果

  • 上記の取組みを行うことにより、期間中通常運転時と比較して、消費電力量を約39.2%(約27,000kwh )削減できる見込みです。
  • 昨年度(夏)は、節電対策として、7月1日から9月30日までの平日昼12時00分~13時00分、平日夜20時00分までの運転を休止しました。その結果、同期間中通常運転時と比較して、消費電力量を約30.7%(約21,000kwh)削減できました。

 

CO2削減/ライトダウンキャンペーンに伴う運転時間の短縮について

環境省が提唱する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」(外部サイトへリンク)の趣旨に賛同し、平成28年6月21日(火曜日)の「びわこ花噴水」夜の部運転時間を、次のとおり一部変更いたします。

【変更前】19時00分~21時00分(うち、ライトアップ19時30~21時00分)

【変更後】19時00分~20時00分(うち、ライトアップ19時30~20時00分)

※悪天候時には、運転を中止します。

当日の運転中止等にかかるお問い合わせは、大津港指定管理者琵琶湖汽船株式会社[TEL:077-521-6016、所在地:大津港ターミナル1階事務室]まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。