文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 新名神大津スマートIC(仮称)実施計画書の提出について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2014年7月1日

新名神大津スマートIC(仮称)実施計画書の提出について

 新名神高速道路に設置を計画している「新名神大津スマートIC(仮称)」について、平成26年6月30日に実施計画書を提出しましたので、お知らせします。
 本スマートICが許可されれば、滋賀県内のスマートICは、湖東三山、蒲生、小谷城に続き4箇所目となります。

実施計画書の提出先

  • 国土交通省
  • 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構
  •  西日本高速道路株式会社

事業の手続き

 1.スマートICの広域的検討

 2.地区協議会の開催(スマートICの検討、調整)

 3.実施計画書の提出(地区協議会での検討、調整の結果を踏まえ策定) 【今回の手続】

 4.連結許可申請(国土交通大臣に提出)

 5.国からの連結許可後に事業化

地区協議会

 平成26年 6月 30日  新名神大津スマートIC(仮称)地区協議会 開催

 【構成メンバー】

国土交通省、西日本高速道路株式会社、滋賀県、大津市、警察、地元自治会、

商工会議所、観光協会 (会長:大津市長)

新名神大津スマートIC(仮称)の概要

 設置場所:滋賀県大津市大石龍門町

        新名神高速道路 大津SA(仮称)に接続 (大津JCT(仮称)~宇治田原IC(仮称)間)

 事業主体:滋賀県(連結道路:一般県道 宇治田原大石東線)

 事 業 費:約17億円(うち滋賀県分 約9億円、高速道路分約8億円)

 供用予定:平成35年度(新名神高速道路本線と同時)

 運用形態:24時間、全方向利用可能(名古屋方面出入、大阪方面出入)

 対象車種:ETC搭載の全車種

 整備効果:高速道路利用者の利便性向上、観光振興、防災機能の向上、産業振興、

        広域的な高度医療体制の充実

 【参考】

※スマートIC(スマートインターチェンジ)とは、高速自動車国道法又は道路法の規定に基づき連結許可を受けた道路法上の道路で、道路整備特別措置法施行規則のETC専用施設が配置され、ETC通行車が通行することを目的とするICです。

位置図

otsusic

お問い合わせ

滋賀県土木交通部道路課高速・幹線道路推進室

電話番号:077-528-4142

ファックス番号:077-528-4903

メールアドレス:ha03@pref.shiga.lg.jp