文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 県政運営・行財政改革 > 行財政改革 > ネーミングライツについて

ここから本文です。

更新日:2016年5月26日

ネーミングライツについて

お知らせ

現在、ネーミングライツパートナーを募集しています。    

     ※平成28年5月16日から募集を再開しました滋賀県立体育館については、ネーミングライツパートナー
         の応募があったため、現在申込書の受付を一旦停止しています。ネーミングライツパートナーが選
         定されなかった場合、または契約締結に向けた候補者との協議が整わなかった場合は、応募の受
         付を再開します。

 

ネーミングライツとは

ネーミングライツの概要

ネーミングライツとは、一般には、公共施設などに企業名や商品のブランド名などを冠した愛称を付ける権利で、この権利を売却することで、施設運営等に係る資金を得ようとするものです。

滋賀県では、県が所有する施設などに企業名や商品名などを冠した愛称を付与する代わりに、ネーミングライツを取得した企業等(以下「ネーミングライツパートナー」という。)からネーミングライツ料としてその対価を得る、新たな歳入確保策に取り組んでいます。

なお、この場合の愛称は、一般的な呼称として用いられる名称で、本県の条例で定められている正式な施設名を変更するものではありません。  

ネーミングライツ導入の効果

nr-kouka

 ネーミングライツパートナー

地域社会への貢献

ネーミングライツへの参画を通じて、企業の地域社会への貢献を県民に明確に伝えることができ、企業のイメージアップが期待できます。

PR効果 

命名した愛称が、県の広報活動やイベントの開催等を通じてメディアへ露出することにより、企業名や商品名の広告効果が期待できます。 

      ネーミングライツにより得られた収入により、施設サービスの充実や安定した施設運営基盤の確立が図れます。

 県民      施設サービスや利便性の向上が期待できます。

  

  ネーミングライツの基本的な考え方等はこちらをご覧ください。

   滋賀県ネーミングライツ導入ガイドライン(PDF:133KB)

 ネーミングライツパートナーを募集しています

県では、次の2つの方法でネーミングライツパートナーを募集しています。

        

 

houhoua

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県総務部行政経営企画室 

電話番号:077-528-3290

ファックス番号:077-528-4827

メールアドレス:bc00060@pref.shiga.lg.jp