文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > くらし・文化 > 協働・社会貢献 > 県民・企業との協働 > 協働推進のための研修の実施

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

協働推進のための研修の実施

  多様な主体との協働について理解を深めるための研修を定期的に開催しています。

 

平成27年度実施の研修の概要

 「多様な主体との協働」(平成27年度 主査級職員研修)

  日時:平成27年7月15日(水曜日)13時50分~16時50分、7月16日(木曜日)13時50分~16時50分(内容は同一)

  場所:政策研修センター視聴覚教室

  対象:平成27年度に主査級に昇任した職員等

  参加者数:80名(2日間合計)

  講師:特定非営利活動法人パートナーシップ・サポートセンター代表理事岸田眞代さん

  内容     

     1.「多様な主体」とは、各セクターの特徴と役割

     2.「協働」と市民参画~協働とは何か

     3.「多様な主体による協働」事例

     4.協働で得られるものとその意義

     5. 協働の進め方(ワークショップ)

 

「協働を進めるための基礎講座~協働の現場から事例を学ぶ『協働推進セミナー』~」(平成27年度ブラッシュアップ研修)

  日時:平成27年10月8日(木曜日)9時00分~17時05分

  場所:県庁北新館5階の他、NPO法人の活動場所(草津市、東近江市)(バスで移動)

  対象:県職員(ブラッシュアップ研修受講対象者等)、市町職員、関西広域連合構成自治体の職員

  参加者数:23名

  ファシリテーター:暮らシフト研究所 藤田 知丈さん

  内容:

     1.イントロダクション

1

             ポイント

                 ・ 協働とは?

                    1.異なる分野・セクターの主体同士が、2.何らかの「目標」や「思い」を共有し、3.対等な立場で、4.互

                    いの経験や専門性を活かし、5.力を合わせて活動すること。

                 ・ 何のために協働するのか?

                    1.相乗効果を生み出すため、2.新たな価値や機能を創造するため、3.課題・難問を突破するため

 

     2.特定非営利活動法人碧いびわ湖の活動について(事例紹介)

            [事例報告者] 特定非営利活動法人碧いびわ湖 村上 悟さん

4

             ポイント

                 ・ ほんとうの豊かさに満ちた暮らしへ~身近な物・人・自然と豊かにつながる地域をつくる~(NPO法人の

                    活動紹介)

                 ・ 主な活動

                    1.買いもの(廃食油、牛乳パック、地元のお米・油・間伐材等)

                    2.住まい(雨水・太陽熱の活用、薪ストーブ等)

                    3.コミュニティ(野外子育て、小さな自然再生、ふるさと絵屏風等)

 

     3.事例発表「街の中でも、身近な自然とつながる住まい」

            [事例報告者]滋賀県温暖化対策課主任技師藤原 務さん他

 

2

             ポイント

                 ・ 民間の先進事例を県が「低炭素な『まちと建物』コンテスト」により表彰した事例。

                 ・ 現地で雨水タンク、太陽熱温水器、木製二重サッシ、空気の動きを活かした設計等を見学した。

 

     4.事例発表「東近江市と碧いびわ湖等関係者の連携・協働」(あいとうエコプラザ菜の花館)

 

            [事例報告者] 東近江市生活環境課加藤 弥生さん・西堀 太貴さん

                                 東近江市廃棄物対策課濱中 亮成さんNPO法人愛のまちエコ倶楽部増田 隆さん

3

             ポイント

                 ・ 市民と事業者、行政の連携で牛乳パック、廃食油等のリサイクルを行っている東近江市の事例を報

                    告。

                 ・ あいとうエコプラザ菜の花館におけるリサイクル工程を見学。

 

     5.ワークショップ「多様な主体の協働による課題解決」

                 ・ ワークショップ「自分の関わっている仕事で行き詰まっていること、悩んでいることを解決するために、

                    誰と、どのように「協働」したらよいか?」

                 ・ 小グループに分かれてグループディスカッション。話し合った結果を発表

 

 

          ○参加者の感想(主なもの)

 

                 ・ 想いを共有できる“キーパーソン”を発掘してお互いの強みを活かしていくことの重要性を理解できた。

                 ・ 協働は社会の新しい価値観を作っていくことに繋がると思った。

                 ・ 現地で直接話を聞くことで刺激になった。

                 ・ 専門性を持つ人や幅広い分野の人が結集し、目標に向かって活動・協働を行うことによって、ものすご

                    い相乗効果を生み出すことができると思った。

 

協働コラボセミナー(課題解決型協働推進講座)

  日時:平成27年10月8日(木曜日)9時00分~17時05分

  場所:滋賀県大津合同庁舎7-D会議室

  対象:県・市町職員、行政との連携に関心のある市民団体、NPO、企業の方

  参加者数:23名

  ファシリテーター:滋賀県立大学 地域共生センター特定プロジェクト研究員北井 香さん

  内容:

     1.イントロダクション

     2.事例発表「水環境と人とのつながりを再生するモデル構築」

            [事例報告者] 滋賀県琵琶湖政策課 主査 大山 明彦さん

                                 NPO法人家棟川流域観光船 前理事長 北出 肇さん

     3.事例発表「『びわ湖の日』推進事業」

            [事例報告者] 滋賀県環境政策課 参事 中村達也さん

                                 (株)セフ゛ン-イレフ゛ン・シ゛ャハ゜ン滋賀西地区テ゛ィストリクトマネーシ゛ャー 遠藤喜正さん

      4.事例発表「地域連携による森林保全と森林から得られる資源の有効利用を通じたふるさとづくり」

            [事例報告者] 東近江市森と水政策課 課長補佐 山口美知子さん    

     5.グループワーク

          ・もっと知りたい!関心あるグループへ

          ・協働のポイントをさがそう、他 

 

  過去の協働推進セミナーの開催状況(平成19年度~平成25年度) 

日程(曜日)等

主な内容

主な対象者
(参加者数)

平成26年7月22日(火曜日)9時~17時 ブラッシュアップ研修(協働を進めるための基礎講座)
メイン・ファシリテーター     北井 香さん (滋賀県立大学 地域共生センター 特定プロジェクト研究員)
事例発表1   就労支援医学的支援事業
   発表者  澤井 のどかさん(滋賀県立リハビリテーションセンター技師)、城 貴志さん(NPO法人滋賀県社会就労事業振興センター常務理事兼センター長)、宮本 昌寛さん(滋賀県健康医療福祉部健康医療課主任技師)
事例発表2   マザーレイクフォーラム推進事業
   発表者  佐藤 祐一さん(滋賀県琵琶湖環境科学研究センター主任研究員)、村上 悟さん(NPO法人碧いびわ湖代表理事)
事例発表3   淡海の川づくりフォーラム
   発表者   辻 光浩さん(滋賀県流域政策局流域治水政策室主幹、協働推進員)
事例発表4   支え合いの社会づくりのための移動販売事業(ぎょうれつ本舗)
   発表者   齊藤 清吉さん(高島市健康福祉部障がい福祉課長)、田村 きよ美さん(社会福祉法人虹の会統括施設長)
県・市町職員(参加者数  23人)
平成26年10月20日(月曜日)  8時30分~17時 現地研修 「ビワマスの遡上の復活と農家民泊による地域おこしに学ぶ協働現地セミナー」
場所     米原市役所近江庁舎、日野町役場他
第1部    「米原市ビワマスまちづくりプラン」 事例紹介
   発表者   青木 吉史さん(米原市環境保全課)、中村 幸雄さん(ビワマス倶楽部代表)
第2部    「日野町農村生活体験」事例紹介
   発表者   福本修一さん(日野町役場商工観光課)、藤澤 政男さん(三方よし!近江日野田舎体験推進協議会会長)、古道 紀美子(三方よし!近江日野田舎体験推進協議会副理事長)、中森 雅之(三方よし!近江日野田舎体験推進協議会)
県・市町職員(参加者数  33人)
 

平成25年11月26日(火曜日)9時~17時

 

第1部   市民・企業・行政・専門家の協働による家棟川の生態回廊再生調査の視察、協働事例報告

[報告者]

  ・野洲市環境基本計画推進組織・野洲市里川づくり委員会   代表   北出 肇氏

・琵琶湖環境科学研究センター 研究員  佐藤  祐一氏

第2部   発見・発信!近江富士においで野洲プロジェクトの視察、協働事例報告

 [報告者]

  ・特定非営利活動法人びぃめ~る企画室  理事  小川 泰江氏

  ・野洲市商工観光課   課長補佐  黒川 之明氏

 県および市町職員

(参加人数:19人)

平成25年9月3日(火曜日) 9時~17時

第1部   協働事例報告 

(1)滋賀のええフォト☆コンテスト

 報告者:滋賀県文化振興課 主査 宮村佐衣子氏、プラスエイチ・ワークス代表 林 正隆氏  

(2)琵琶湖一周健康ウオーキング

 報告者:滋賀県交通政策課 主幹 芝 久生氏、エコ交通推進員小林 知子氏、滋賀県ウォーキング協会 会長 志村 里士氏 

(3)人権啓発活動ネットワーク協議会事業

 報告者:滋賀県人権施策推進課 主査 松永裕美子氏、株式会社滋賀レイクスターズ 営業部 平野 敬之氏    

(4)いいね!大津

 報告者:大津市市民部自治協働課 主任木下 智香子氏、特定非営利活動法人日本ファシリテーション協会 山田 真司氏 

第2部   講義

 講師:滋賀県立大学環境科学部 助教 小野奈々氏 

第3部   グループに分かれて意見交換会(事例報告者を入れたグループディスカッション)

県および市町職員(参加人数:32人)

平成25年1月10日(木曜日)13時30分~16時30分

 

第1部   協働事例報告 

(1)「未来戦略サロン」の協働運営(「県と民間との協働に関する提案募集」採択事業)

  報告者:企画調整課  副参事  松田千春氏

             (特非)コミュニティ・アーキテクト(近江環人)ネットワーク

(2)小学校(近江八幡市立馬淵小)と流域治水の協働

  報告者:流域治水政策室  主査  中西宣敬氏、東近江土木事務所河川砂防課  技師  辻井健太氏

(3)農村資源を活用し、地域と協働した地域活性化

  報告者:にぎわう農村推進室  副参事  青田朋恵氏

(4)地域福祉~共に暮らし共に働く~を支援する

  報告者:成人病センター  事務局次長  瀬古隆氏

第2部  ミニ分科会

セミナーの概要(PDF:497KB)

ミニ分科会概要(PDF:555KB)

県および市町職員

(参加人数:29人)

 平成24年10月17日(水曜日)  8時35分~17時15分

株式会社アドバンスキッチンファクトリー、 滋賀県湖北合同庁舎、耕作放棄地再生余呉地域モデル地区、特定非営利活動法人子ども自立の郷ウォームアップスクールここから

 

 第1部  近江日野産鹿カレーの協働事例報告 

    株式会社アドバンスキッチンファクトリー(オリジナルメニュー加工仕込み工場)の視察、協働事例報告(湖北合同庁舎)

[事例報告者] 

   株式会社アドバンス(カレーハウスCoCo壱番屋フランチャイジー)  総務課長  川森慶子氏、滋賀県湖北農業農村振興事務所  農産普及課  副主幹  松井賢一氏、耕作放棄地再生余呉地域モデル地区の現地視察  (説明者:財団法人湖北水源の郷づくり   平井正一氏)

第2部  廃校を活用したフリースクール(公の施設の貸付による協働)の現地研修

[事例報告者]

   特定非営利活動法人子ども自立の郷ウォームアップスクールここから   理事長  唐子恵子氏、長浜市余呉支所  地域振興課  参事  大澤 誠氏

 セミナーの概要(PDF:524KB)

 県および市町職員

(参加人数:24人)

 平成24年8月6日(月曜日)   13時30分~15時45分  第1部協働事例報告

(1)「企業人を市民活動に誘おう!」協働プロジェクト

    (平成23年度協働提案制度に基づく協働事業報告)

   報告者:特定非営利活動法人Links  代表理事  柴田雅美  氏

               県民活動生活課  主事  福井ゆめ  氏

 (2)「廃校を活用したフリースクール」(公の施設の貸付による協働)

  報告者:特定非営利活動法人子ども自立の郷ウォームアップスクールここから  理事長  唐子恵子  氏 

(3)「描いてみよう!2020年の暮らしと琵琶  ~市民ワークショップの運営報告~」

  報告者:琵琶湖環境科学研究センター  研究員  佐藤祐一氏

第2部  パネルディスカッション

          「私の考える『協働を始める第一歩』」

  進行  湖北森林整備事務所  副主幹  西村知記氏

          (協働推進員)

セミナーの概要(PDF:497KB)

 県および市町職員

(参加人数:40人)

 平成24年3月14日(水曜日)   13時30分~16時40分

滋賀県厚生会館別館4階
大会議室

 第1部         

(1)基調講演「おうみ未来塾と協働の地域づくり」

講師  北村 裕明氏((国)滋賀大学理事・副学長、おうみ未来塾長)

     村上真規 氏(野洲市環境課)

     北村有理氏(総務部自治振興課)

     廣瀬正明氏(西部・南部森林整備事務所高島支所)

     松井賢一氏(湖北農業農村振興事務所農産普及課)

     高阪真帆氏(琵琶湖環境部環境政策課)

第2部  グループワーク

セミナーの概要(PDF:659KB)

グループワークの結果(PDF:1,222KB)

 県および市町職員

(参加人数:33人)

平成23年11月4日(金曜日)   13時45分~16時

 旧八幡郵便局(近江八幡市仲屋町中8)

現地研修(団体の事業内容の説明、協働の取組事例の発表、 施設見学)

講師: 石井和浩 氏(特定非営利活動法人ヴォーリズ建築保存再生運動  一粒の会   理事)

          奈良俊哉 氏(近江八幡市文化観光課)

 セミナーの概要(PDF:285KB)

県および市町職員

(参加人数:21人)

平成23年9月6日(火曜日)   13時15分~16時30分

滋賀県厚生会館別館4階大会議室

第1部   基調講演      テーマ: 「多様な主体との協働とは何か」

講 師: 山田裕子 氏(特定非営利活動法人大阪NPOセンター 理事・事務局長/滋賀県新しい公共支援事業運営委員)

講演資料(PDF:2,332KB)

第2部   協働提案制度  成果報告会

(1)淡海の川づくりフォーラム」の開催

(2)子育て家族防災トレーニング事業

(3)環境配慮型企業活動普及促進事業

(4)NPOの若者・学生ネットワーク   献血推進事業

(5)障がい者の働きを軸とした地域づくりモデル事業

協働提案制度 成果報告会の概要  (PDF:566KB)

県および市町の職員を主とし、NPO等関係者も参加
(参加人数:64人)
平成23年3月18日(金曜日)
13時15分~15時20分
滋賀県厚生会館別館4階
大会議室
1.事例報告
   (1)特定非営利活動法人生活バス四日市
   (2)まるごと彩菜工房安土夢
   (3)有限会社篠ファーム
2.パネル討論・質疑応答
県および市町の職員を主とし、NPO等関係者も参加
(参加人数:34人)
平成22年11月10日(水曜日)
8時30分~17時00分
東近江管内の市民活動団体
の施設や活動現場等
現地研修
[団体・施設見学]
   「NPO法人子育てサポートおうみはちまんすくすく」
   「権座水郷を守り育てる会」
   「湖東地域材循環システム協議会」
県および市町の職員
(参加者数:24人)
 平成22年7月1日(木曜日)
13時15分~16時30分
滋賀県厚生会館別館4階
大会議室
 1.基調講義『地域の多様な主体とともに歩みだそう』
   講師   大室悦賀 氏(京都産業大学経営学部准教授)
2.協働事例の紹介
   「世界にひとつの宝物づくり事業」
   「すまいる市~環境と経済の両立~」
   「権座プロジェクト」
 県・市町協働事業の実務担当職員および今後従事可能性のある職員等
(参加者数:66人)
 平成22年3月16日(火曜日)
13時15分~16時00分
県庁東館7階大会議室
 1.事例報告
   (1)三方よし!近江日野田舎体験推進協議会
   (2)特定非営利活動法人HCCグループ
   (3)株式会社日吉
2.意見交換会
   3グループに分かれて事例報告者を囲み参加者相互で意見交換
 県および市町の職員を主とし、NPO等関係者も参加
(参加者数:54人
 平成21年11月25日(水曜日)
10時30分~15時50分
甲賀市および湖南市内の
福祉施設、NPOおよび企業
 現地研修
[団体・施設見学]
   (1)社会福祉法人さわらび福祉会 ワークステーション虹
   (2)特定非営利活動法人甲賀の環境・里山元気会
   (3)株式会社水口テクノス
 県および市町の職員
(参加者数:25人)
 平成21年6月16日(火曜日)
13時15分~16時30分
滋賀県厚生会館別館4階
大会議室
 1.基調講義『多様な主体との協働を推進するために』
    講師   阿部圭宏 氏(滋賀県協働コーディネーター)
2.協働事例の紹介
   (1)地域まちづくり協議会と行政との協働による取組について
   (2)高齢者成年後見支援センター運営事業について
3.ワークショップ
 (1)県・市町協働事業の実務担当職員等
(2)県の新任人材育成指導員
(参加者数:62人)
平成21年3月17日(火曜日)
13時15分~16時30分
滋賀県大津合同庁舎7階
7B会議室
第1部   事例報告
   (1)マキノ地域まちづくり委員会
   (2)特定非営利活動法人NPO子どもネットワークセンター天気村
   (3)株式会社水口テクノス
第2部   意見交換会
   (Aグループ)「地域団体と行政との協働」
   (Bグループ)「NPOと行政との協働」
   (Cグループ)「企業と行政との協働」
第3部   まとめ
(1)多様な主体との協働に関連する業務に従事している行政職員等
(2)行政との協働に関心のある地域団体・NPO・企業関係者等
(参加者数:23人)
平成20年12月24日(水曜日)
13時10分~16時30分
県庁東館7階大会議室
第1部   基調講義『多様な主体との協働を推進するために』
   講師   阿部圭宏 氏(滋賀県協働コーディネーター)
第2部   事例報告
   (1)特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
   (2)株式会社なんてん共働サービス
   (3)滋賀県健康福祉部健康福祉政策課
第3部   パネル討論
各所属の長、グループリーダー等の管理職員
(参加者数:78人)
平成20年9月16日(火曜日)
13時10分~15時45分
滋賀県大津合同庁舎7階
7C会議室
第1部   基調講義『多様な主体との協働を推進するために』
   講師   阿部圭宏 氏(滋賀県協働コーディネーター)
第2部   ワークショップ
 (内容)
   1.協働を推進するための取組テーマ決め
   2.取組テーマの課題・原因の分析
   3.協働事業の改善提案
NPO等との協働に関連する業務に従事している、または今後従事する可能性のある実務担当者等
(参加者数:47人)
平成20年3月13日(木曜日)
13時15分~16時15分
滋賀県厚生会館別館4階
大会議室

1.協働事例報告
   (1)里川景観保全モデル事業について
           (東近江地域振興局河川砂防課)
   (2)しが文化芸術体験サポートセンターについて
           (県民文化生活部県民文化課)
2.ワークショップ「協働に向けてのワークショップ」
   コーディネーター   阿部圭宏 氏

 (特定非営利活動法人市民がささえる市民活動ネットワーク滋賀)

主として県職員
(参加者数:29人)
平成19年12月4日(火曜日)
13時30分~16時00分
県庁東館7階大会議室
1.協働部活プロジェクト報告会
2.鼎談「これからの行政に求められるNPOとの協働とは」
   新川達郎 氏(同志社大学大学院総合政策科学研究科 教授)
   浅野令子 氏(淡海ネットワークセンター 事務局長)
   中村きよ子 氏(東近江地域振興局長)
主として県職員
(参加者数:67人)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県県民生活部県民活動生活課県民活動・協働推進室

電話番号:077-528-3419

ファックス番号:077-528-4840

メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp