文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年8月30日号 > 県庁における「働き方改革」実現のための行動計画の取組状況について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年8月30日

県庁における「働き方改革」実現のための行動計画の取組状況について

  県では、今年5月、働き方改革の取組を組織および職員の取組として定着させていくため、平成29年度における行動計画を策定しました。

  この行動計画にかかる取組状況は、以下の通りです。

1.知事部局における時間外勤務時間数(4月~7月)

  1人あたり16.5時間/月(対前年度比▲15.4%)

  (平成28年4月~7月)

    1人あたり19.5時間/月

 

2.個別の取組項目の状況

(1) 各部局における業務の見直し

    3月までに見直しを行った件数      全部局計722件

    4月から6月までに見直しを行った件数     同285件

    7月以降に継続して検討していく件数      同178件

(2) 職員提案(施策提案・キラリひらめき改善運動)を活かした業務改善

    8月22日までの提案件数  171件(のべ318人)

(3) web会議システムの利用促進

    8月22日までの利用状況  46回(前年同期24回)

(4) テレワークやサテライトオフィスなどの働き方の多様化の推進・検討

    在宅勤務を実施した職員  9人

※  行動計画取組状況(~平成29年6月)(PDF:256KB)

 

3.仕事の効率化推進期間について

   互いに協力し合いながら組織として仕事ができる職場づくりに取り組むことにより、年度の後半に向けてより一層仕事の効率化を図るとともに、年次有給休暇等の計画的な取得等職員のワーク・ライフ・バランスを推進するため、8月10日から9月30日までを「仕事の効率化推進期間」とし、全庁的に取組を実施。

(取組内容)

(1) 「会議開催に係るルール」および「照会に係るルール」の定着に向けた取組の推進

(2) 業務手順の共有化の推進

(3) スケジュールの共有化による効率的な業務の推進

(4) その他必要に応じた職場独自の取組

 

【参考】行動計画における数値目標

(1) 各部局における1人あたり時間外勤務時間数

    対前年度比15%以上縮減

(2) 各部局における年間の時間外勤務時間数が360時間を超える職員数

    対前年度比10%以上縮減

(3) 職員1人あたりの年次有給休暇年間平均取得日数

    H28年度:10.8日→ H29年度:14日以上

(4) ワーク・ライフ・バランスの実現ができている職員の割合

    H27年度:61.9% → H29年度:80%以上

(5) 日頃から業務の進め方を意識的に工夫し、前例にとらわれず事務の見直しに取り組む職員の割合

    H27年度:64.5% → H29年度:80%以上

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県総務部行政経営企画室 

電話番号:077-528-3290

ファックス番号:077-528-4827

メールアドレス:bc00060@pref.shiga.lg.jp