文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

がん情報しが
滋賀県のがんに関する情報を集めた、
がん情報ポータルサイトです。

ここからがん情報本文です。

更新日:2015年12月1日

がんを知る

まずは基礎を知りましょう

 

がんについて正しく理解することにより、不安や疑問を軽減しましょう。
がんは、「不治の病」から「長く付き合う慢性疾患」へ

がんって?

がんとは

私たちのからだは約60兆個の細胞からなっています。正常な細胞は、体や周囲の環境にあわせて増えたり、増えることを止めたりします。また古くなった細胞は、徐々に新しい細胞に入れ替わるよう調節されています。遺伝子がこの仕組みをコントロールしています。
そんな中、遺伝子に何らかの変化が起こることで、こうした細胞の入れ替わる仕組みが調節できなくなることがあり、異常な細胞が増え続けたり、正常なものに入れ替わらなくなったりします。こうして出てくるものが、「がん細胞」です。がん細胞には、次のような性質があります。

  • 無秩序に増え続ける
  • まわりの正常な組織に侵入して破壊する(浸潤)
  • 血管やリンパ管を通って体のいたるところで増殖する(転移)

このようにして増え続けた細胞が、体に害を与える「悪性腫瘍」となります。これが「がん」です。

がんの予防と早期発見

がん細胞ができる仕組みは、私たちのからだの成長や維持のための仕組みと深いかかわりがあるため、「完全にがん細胞ができないようにすることはできない」と考えられています。しかし、一部のがんについては、喫煙や飲食などの生活習慣や感染症が発がんの原因になっていることが明らかになっています。生活習慣の改善やがん検診による感染症のチェックによって、これらのがんの予防や早期発見が可能になってきています。
がんの予防に関心を持ち、積極的に検診を受けてがんの早期発見につとめましょう。

 

がんになっても前向きに

診断と治療の進歩により、がんになっても治る人が多くなり、がんは「不治の病」から「長く付き合う慢性疾患」に変わってきました。がんと付き合いながら前向きに過ごしましょう。

がん患者への理解を深めましょう

最近のがん診療の進歩で、がんになっても、治療を受けながら仕事や学業を続けたり、治療後経過をみながら、社会復帰する人が増えてきました。
がん患者さんと家族が療養と社会生活を両立し、安心して暮らせるよう社会全体で理解、協力しましょう。

 

皆様の声をお聞かせください。

しがネット受付サービスはこちら

このHPをご覧になった感想をお寄せください。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部医療政策課がん・疾病対策室

電話番号:077-528-3616

ファックス番号:077-528-4857

メールアドレス:ef00@pref.shiga.lg.jp