文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > しごと・産業 > 水産業 > 遊漁 > 魚種別の禁止期間・大きさの制限(県内全域で適用)

ここから本文です。

更新日:2017年9月19日

魚種別の禁止期間・大きさの制限(県内全域で適用)

禁止期間

つぎに掲げる水産動物には、産卵繁殖を保護するため、とってはいけない期間が定められています。(滋賀県漁業調整規則第35条)

 

 

 

大きさの制限

つぎに掲げる水産動物には、とってはいけない大きさが定められています。捕まえた場合は放流しましょう。また、ビワマス、アマゴ、イワナの産んだ卵もとってはいけません。(滋賀県漁業調整規則第36条) 

 

ウナギ 全長35cm以下
ビワマス 全長30cm以下(注)
コイ 全長15cm以下
フナ 全長15cm以下
(二ゴロブナ) 全長22cm以下(注)
アマゴ 全長12cm以下
イケチョウガイ 殻長10cm以下
シジミ 殻長1.5cm以下(注)

注意

 ビワマスニゴロブナおよびセタシジミについては、委員会指示により、上記よりも更に規制が加わっています。

 → 詳しくはこちら

 

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 

電話番号:077-528-3870

ファックス番号:077-528-4885

メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp