文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年9月26日

ニゴロブナ

栽培漁業に関する調査研究

ニゴロブナ標識魚の放流ニゴロブナは琵琶湖の固有種で、ふなずしの材料として重要な漁業対象種の一つです。しかし、昭和60年頃から急激に減少し、琵琶湖のニゴロブナを利用したふなずしの入手が困難な状態になっています。そこで種苗放流や産卵場の造成などが行われていますが、水産試験場では当歳魚の資源量や放流効果の調査を行っています。また、天然魚に配慮した放流を行うために、遺伝的多様性の調査をおこなっています。