文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

アユ資源情報

 

 

ヒウオ調査

 

琵琶湖のアユの資源水準を評価するため、1年を通じて様々な方法で調査しています。

産卵状況

琵琶湖に流入する主要河川でアユの産卵数を調査しています。(8月から11月)

 ヒウオ生息状況

琵琶湖におけるヒウオ(アユ仔魚)の生息状況を調査しています。(10月から12月)

魚群計数状況

アユの資源状況の指標として、以下の基準で一定の周回コース上で魚群探知機により検知された魚群数を計数しています(1月~8月)。過年との比較により資源量の相対的な評価に利用しています。 

  1. 水深30m等深線付近の定常コース上を探査
  2. 一定以上の大きさの魚群数を計数する。

留意点)

・これまでの解析により、各月ごとにデータのばらつきの程度が異なることがわかってきました。これは各月ごとに魚群の形成状態、分布状況などが異なり、定常コース上での魚群の映り方が違ってくることが原因と考えられますが、詳細については今後さらに検討が必要です。

・アユ資源の全体的な評価をするには、前年の産卵調査結果、ヒウオ曳き調査結果、ふ化日組成、餌料・水温等環境条件等とあわせ、総合的な評価が必要となります。

・各月のデータはあくまで参考値としてご利用してください。

   湖中アユ魚探調査結果(平成29年8月)(PDF:132KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。