文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

県営地すべり防止対策事業―雄琴・上仰木地区―

雄琴・上仰木地区の概要

    雄琴・上仰木地区は滋賀県大津市のほぼ中央、比叡山の麓に位置し、地すべり等防止法により下記のとおり農林水産省所管の地すべり防止区域に指定されています。当地区は地質が脆弱で地下水位が高いことから、地下水および地表水のすみやかな排除と局所的な崩壊やその恐れがある箇所には、抑止杭、擁壁、法枠等により、地盤・法面を安定させ、地すべり区域の保全を行っています。地すべり防止対策事業の経緯は下記のとおりです。

地区

指定面積

指定年月日

地すべり防止対策事業

1期

2期

3期

4期

5期

雄琴

336.21 ha

昭和35年9月13日

S37~S45

S63~H10

H11~H16

H17~H23

H24~

上仰木

64.34 ha

昭和39年3月9日

S39~S45

S56~H10

H11~H16

H17~H23

上記事業の所轄機関

防止施設の管理および開発行為等の許認可事務 滋賀県農政水産部農村振興課
地すべり活動を防止する工事 滋賀県大津・南部農業農村振興事務所田園振興課

 

jisuberiogoto

当課担当事業について

    平成24年度からは、これまでの雄琴地区、上仰木地区をあわせた雄琴・上仰木地区としてV期事業に着手し、平成31年までの8箇年で緊急度の高い箇所から地すべりブロックの防止工事を進めています。 

地すべり防止区域

ogoto

kamiougi

雄琴工区

上仰木工区

この地図は、国土地理院発行の2.5万分の1地形図(堅田・大原・草津・京都東北部)を使用したものである。

当課担当事業の内容

    地すべりの要因となる地下水、地表水等の排除を目的とする抑制工(水抜きボーリング工、集水井工、押え盛土工等)と地すべりの活動を直接的に抑止することを目的とする抑止工(抑止杭工、シャフト工、アンカー工等)により地すべり防止工事を行います。 

【抑止杭工】

抑止杭工1

抑止杭工2

品質管理X線検査状況

打設状況

 

お問い合わせ

滋賀県大津・南部農業農村振興事務所田園振興課

電話番号:077-567-5415

ファックス番号:077-564-2510

メールアドレス:gh35@pref.shiga.lg.jp