文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年12月8日

平成28年度の取り組み

1   派遣先

  〇福島県相双農林事務所  農村整備部 (平成28年4月1日~平成29年3月31日)

  •  団体指導担当・・・       市町村への災害復旧事業の指導・支援  1名   
  •  海岸施設復旧担当・・・農地海岸の災害復旧工事に関する監督業務および計画変更業務  1名
  • 農地復旧担当・・・      農地の災害復旧工事に関する監督業務および計画変更業務  1名  
 

H28集合写真 

復旧した海岸堤防

【全国から集まった復旧・復興支援者】 

【復旧した海岸堤防】

    

2   支援内容

〇  団体指導担当・・・市町村が行う災害復旧事業に関する計画審査、指導などを行っています。

1

2

打合せ

 

〇 海岸施設復旧担当・・・地震および津波により被災した農地海岸の防波堤の復旧を行っています。 

海岸施設復旧担当3

海岸施設復旧担当2

H28海岸施設復旧

 

 

〇農地復旧担当・・・被災農地のガレキ撤去、客土、表土復旧などを行っています。

  (併せて農地の大区画化整備も行っています。)

基盤確認

現場打合わせ

 H28_農地

 

≪平成27年までに復旧完了した現場≫

 3

 農地BEFORE

 海岸BEFORE

4

排水機場
(新地町:大戸浜地区)

H27完了_農地

農地
(南相馬市:金沢・北泉地区)

海岸AFTER

海岸堤防
(広野町:浅見川地区)

≪現場での課題≫

  •  着実に現場の復旧は進んでいるものの、震災以降の慢性的な資材・労働者不足が現在も
    続いており、工事の進ちょくが思うように伸びない状況にある。

≪課題に対する対策≫

  • 設計を現場打ちコンクリート構造物からコンクリート二次製品等に転換するなどの方法により、現場で使用する生コンクリートや労働力の縮減を図る。
  • 山林を自己開発することで、土砂を確保する。
  • 発注規模の見直しや、技術者の配置要件の緩和による入札不調対策を図る。

 

 


 

 

被災地の1日も早い復旧・復興を願っています。 

 


お問い合わせ

滋賀県農政水産部農村振興課 

電話番号:077-528-3960

ファックス番号:077-528-4888

メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp