文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > しごと・産業 > 農業 > 農村振興 > 3. 魚のゆりかご水田の効果

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

魚のゆりかご水田プロジェクト~湖魚が産卵・成育できる水田環境を取り戻そう!~

3. 魚のゆりかご水田の効果

在来魚類の一年の動き琵琶湖と田んぼの間を魚類が自由に行き来し、産卵場や稚魚の成育場として利用されていた田んぼは、「魚のゆりかご」といわれていました。

ほ場整備などにより「ゆりかご」を失ったニゴロブナなどの在来魚は、近年問題となっている外来魚などの影響も合わさって、その数を減らしています。

 

琵琶湖から魚類が遡上できる排水路にすることにより、田んぼを昔ながらの「魚のゆりかご」にし、生態系の再生を目指します。

 

 

魚のゆりかご水田は、五方によし!! 

 五方よしのイメージ

 

←  前のページへ           次のページへ  →

 

「魚のゆりかご水田プロジェクト」のトップページに戻る

 

お問い合わせ

滋賀県農政水産部農村振興課地域資源活用推進室

電話番号:077-528-3962

ファックス番号:077-528-4888

メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp