文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年5月8日号 > 世界農業遺産認定を目指して「モニターツアー」の参加者を募集します

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2016年12月5日

世界農業遺産認定を目指して「モニターツアー」の参加者を募集します

滋賀がめざす「世界農業遺産」のことをより深く知っていただき、魅力的な滋賀の農林水産業を発信していくため、「モニターツアー」を企画しました。
第1回目となる今回は、日本で唯一、湖で人が暮らす島「沖島」を散策し、漁師さんのお話や、地域を元気にするため沖島に移住を決められた学生さんのお話を聞くほか、琵琶湖ならではの湖魚料理を楽しんでいただきます。
また、ニゴロブナなどの湖魚が琵琶湖から水田に遡上して産卵し、また琵琶湖に戻っていく、そんな豊かな生きものを育む「魚のゆりかご水田」の現地を御案内し、参加者のみなさんから御意見等をいただきます。

1.日時

平成29年6月5日 (月曜日)

2.視 察 先

沖島(近江八幡市沖島町)、魚のゆりかご水田(東近江市栗見出在家)

※集合場所からは、貸切バス、おきしま通船により移動します。

3.行程(案):(詳細については、後日参加者の皆様へ御連絡いたします)

   8時45分 大津駅集合   9時出発
   9時50分 近江八幡駅集合   10時出発
  10時50分~12時05分 沖島散策、沖島の漁師さんのお話を聞きます
  12時05分~13時00分 沖島湖魚弁当(沖島の湖島婦貴の会の皆様による手作りお弁当)
                                   お弁当を食べながら沖島に移住された滋賀県立大の学生さんとの交流
  13時00分~13時40分 移動 
  13時40分~15時00分 東近江市栗見出在家にて現地見学(魚のゆりかご水田見学と生きもの観察)
                                  地元農家さん、滋賀県立大の学生さんのお話やツアーに対する意見交換会など
     ※時間があれば、ファーマーズマーケット「きてかーな」(近江八幡市)でお買いもの
  16時15分 近江八幡駅(解散) 
  17時15分 大津駅(解散)

4.定員

20名(申込み多数の場合は抽選となります)

5.参加費

沖島湖魚弁当(1,080円:税込)当日集金いたします。

6.問 合 先

滋賀県農政水産部農政課世界農業遺産推進係
  〒520-8577滋賀県大津市京町四丁目1-1
  TEL:077-528-3825
  FAX:077-528-4880
  E-mail :shiga-giahs@pref.shiga.lg.jp 

7.申込期日

平成29年5月17日(水曜日)

8.視察先の紹介および申込書

こちらを参照してください。
PDF 申込み書(PDF:460KB)

9.その他

行程については、都合により変更する場合があります。

参加者には、電話・メールにて後日、詳細について御連絡いたします。

 

(参考サイト:滋賀県 農政水産部 農政課 世界農業遺産推進係 HP

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県農政水産部農政課 

電話番号:077-528-3825

ファックス番号:077-528-4880

メールアドレス:ga00@pref.shiga.lg.jp