文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年6月7日号 > スマート農業ってどんなもの? その一端を紹介します!「しがのスマート農業推進フォーラム」を開催!

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年6月7日

スマート農業ってどんなもの? その一端を紹介します!「しがのスマート農業推進フォーラム」を開催!

 ICTやロボット技術などを活用した新たな次世代農業である「スマート農業」は、本県農業者の今後の省力化や収益向上などにつながるものとして大いに期待されています。

 この度、多くの農業者等にスマート農業の一端に触れていただくため、下記により推進フォーラムを開催します。

 スマート農業を経営に活用するためのヒントとなる講演会や、民間企業等に御協力いただき、スマート農業技術のブース展示を予定しています。多数の方のご来場をお待ちしています。

 

○主催・・・滋賀県、JA滋賀中央会

○日時・・・平成30年7月5日(木曜日)12時00分~16時00分

○場所・・・栗東芸術文化会館さきら(中ホールおよび小ホール)

○対象・・・県内農業者、農業関係機関、民間企業など

○参加費・・無料

○内容 

★講演会(13時00分~15時15分。中ホール)

1.基調講演:「IoT・AIを活用した儲かる次世代農業ビジネスの立ち上げ方」三輪氏顔写真

  • 三輪泰史 氏(株式会社 日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト)

<三輪泰史氏プロフィール>

 東京大学農学部および同大学大学院を卒業後、株式会社日本総合研究所に入社。農林水産省、内閣府等の有識者委員を歴任。専門は、農業ビジネス戦略、農業IoT・スマート農業・植物工場等先進農業技術、農産物のブランド化、一次産業を核とした地域振興等。スマート農業について、講演、著書の実績多数あり。

 

2.事例報告:「(仮)スマート農業を活用した低コスト水田経営追求のための人材育成」

  • 福原昭一 氏(農業生産法人有限会社フクハラファーム代表取締役会長)

3.事業説明:「しがのスマート農業推進事業の実施について」

  • 滋賀県農業経営課

 

★スマート農業関連の技術・製品の紹介(12時00分~16時00分。小ホール)

「しがのスマート農業推進協力隊」によるブース展示(下記の民間企業、関係団体が出展予定)。

★主な展示内容(予定)
・スマート農業関連の農業機械(無人トラクタ、ドローン等)の紹介
・ほ場管理、経営管理ツールのデモ、紹介
・ハウス内環境モニタリングシステムの紹介など

出展企業一覧 

 

チラシ表(PDF:533KB)

 ●参加申込 ・・事前申込をお願いします。申込様式(エクセル:18KB)に必要事項を記載の上、6月29日(金曜日)までにFAXまたはメールで県農業経営課まで報告をお願いします。  

 

●その他・・併設の駐車場は有料ですので、できるだけ公共交通機関での来場をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県農政水産部農業経営課地域農業戦略室

電話番号:077-528-3837

ファックス番号:077-528-4882

メールアドレス:gc00@pref.shiga.lg.jp