文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2016年11月8日号 > 近江の野菜とお漬物の魅力を発信!『滋賀のお漬物フォーラム』・『漬物アイデアコンテスト』を実施します!

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2016年11月8日

近江の野菜とお漬物の魅力を発信!

『滋賀のお漬物フォーラム』・『漬物アイデアコンテスト』を実施します! 

  県では、滋賀県の野菜の生産振興を図るため、地域の歴史や食文化を色濃く反映する「漬物」に焦点を当てた≪「近江の野菜」漬物で魅力発信事業≫を行っています。

  この度、県民の皆さんに、近江の野菜やお漬物の魅力をもっと知っていただくため、『滋賀のお漬物フォーラム~漬物で再発見!近江の野菜と食文化~』および県民の皆さんのオリジナル漬物レシピを募集する『近江の野菜漬物アイデアコンテスト』を実施します。

1.滋賀のお漬物フォーラム

【日    時】 平成28年11月20日(日曜日) 13時30分~16時45分(受付開始 13時~)

【場    所】 草津市立まちづくりセンター 301,302号室 (草津市西大路町9番6号)

【主    催】 滋賀県農政水産部食のブランド推進課 協力:滋賀の食事文化研究会

【参加費】 無料

【申込み】 先着100名(e-radioエフエム滋賀のホームページより申込み)

                http://www.e-radio.co.jp/pg_news/tsukemono-forum/

【プログラム】

13時30分

開式

13時40分

基調講演1.「お漬物がつなぐ伝統野菜・在来作物の役割(仮)」山形大学農学部教授  江頭 宏昌 氏

14時20分

基調講演2.「お漬物は野菜料理」 料理研究家  大原 千鶴 氏

15時00分

パネルディスカッション  「漬物で再発見!近江の野菜と食文化」

コーディネーター  堀越 昌子 氏(滋賀大学名誉教授)

パネラー             伏木     亨 氏(龍谷大学農学部教授) 江頭 宏昌 氏(山形大学農学部教授)

                          大原 千鶴 氏(料理研究家)               金井 長光 氏(滋賀県漬物協同組合理事長)

                          山下 佳成 氏(株式会社 Vege Ring.〈近江野菜の台所〉代表取締役)

16時45分

閉式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは別添チラシのとおり(PDF:744KB)

2.近江の野菜 漬物アイデアコンテスト

【募集内容】 オリジナルの食材やオリジナルの漬け方の漬物、お漬物を使ったオリジナル料理レシピ

【応募条件】 近江の野菜を使ったオリジナルの漬け方や工夫、調理方法等をお持ちの個人

【部       門】 「わたしのオリジナルお漬物レシピ部門」「お漬物を使ったアイデア料理部門」

【募集期間】 平成29年2月10日(金曜日)まで

【賞および副賞】  最優秀賞  各部門1名・・・1万円分商品券

                            優秀賞     各部門1名・・・5千円分商品券

【応募方法】 e-radioエフエム滋賀のホームページより応募

                    http://www.e-radio.co.jp/pg_news/tsukemono-contest/

【そ の 他】 最優秀賞、優秀賞は来春開催予定のイベント「近江の野菜 滋賀のお漬物博」で決定


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県農政水産部食のブランド推進課 

電話番号:077-528-3891

ファックス番号:077-528-4881

メールアドレス:gc01@pref.shiga.lg.jp