文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年5月15日

協働 ~共につくる!私たちのしが~

「協働プラットフォーム」の設置と「協働提案制度」の創設

image

人口減少社会の到来や少子高齢化など、時代の大きな転換期を迎える中、日本の真ん中にあるこの滋賀から、自分だけ、今だけ、ものだけにとどまらない、次の時代を見据えた「新しい豊かさ」を、県民の皆さんと共につくっていきたい!! その思いのもと、県民の皆さんと一緒に考え、一緒に取り組む仕組みを構築しました。

 

「協働プラットフォーム」のテーマは、随時募集!!

2次元バーコード

地域や日常の困りごとを、行政と一緒に考え、取り組むことから始めませんか。協働プラットフォームのテーマは、広く県民の皆さんからも募集しております。是非ご応募ください。


◆県民の皆さんと一緒に考える場である「協働プラットフォーム」の設置

協働プラットフォームは、県だけでなく県民の皆さんからも県政の課題を提案いただきます。そして、その課題に関心のある方ならだれでも参加し、自由に対話や協議を行っていただける場です。

◆県民の皆さんと一緒に取り組む仕組みである「協働提案制度」の創設

協働提案制度は、協働プラットフォーム等での県民の皆さんと対話・協議した結果を踏まえ、予算を付けて事業化を進める仕組みであり、他の都道府県にはない先進的な取組です。

◆県民の皆さんとの具体的な取組を開始

「協働プラットフォーム」と「協働提案制度」の仕組みを活かした、県民の皆さんとの様々な課題解決に向けた議論を踏まえ、「高齢ドライバーの運転支援事業」や「犯罪被害者等支援コーディネート事業」など5つの具体的な取組を平成29年度から始めています。

協働プラットフォーム
県民をはじめとする多様な主体の参加のもとで、テーマに応じた対話や協議を行い、地域課題を共有することで、「政策形成段階からの協働」を実践します。
協働の視点で行政課題を解決したい県の担当課
地域課題の解決に取り組むNPO・企業・地域団体・県民
協働プラットフォームにて対話を行うテーマを提案
協働プラットフォーム(多様な主体の対話・協議の場)
県市町金融機関県民大学企業中間支援組織NPO等
みんなで話し合い
コーディネーター
中立的な立場で出席者の発言を引き出し、発言内容を集約・整理します。
定期的に開催

INTERVIEW

協働プラットフォームに参加して

株式会社いろあわせ
北川 雄士さん

北川 雄士さん

大阪で人事の仕事に携わった後、「滋賀で働く人を増やしたい」と郷里・彦根で企業の採用研修や、まちづくりで滋賀を盛り上げる会社を起業しました。昨年2回協働プラットフォームに参加し、既存の就活メディアについて若手の視点による編集等を提案。県民の皆さんがもっと気軽に参加して活発な議論を交わし、県の事業に関わる場になっていくと良いと感じました。

 

協働提案制度

対話・協議の結果を踏まえ事業化課題を解決するために、事業化を検討します。本年度(平成29年度)は5つの事業が予算化されました。


  1. 高齢ドライバーの運転支援事業

    高齢ドライバーを対象とした運転能力や身体機能の低下程度を見極める講習会の開催。

  2. 犯罪被害者等支援コーディネート事業

    犯罪被害者等が、適切な支援を途切れなく受けられるための、コーディネーターの設置や、出張相談・パネル展示などの実施。

  3. 子どもを虐待から守る「次世代育成プロジェクト」

    児童虐待に関する視聴覚教材等の作成と、教材の活用による高校生に向けた児童虐待の理解等に関する学習活動の実施。

  4. 女性の力を活かしたアグリビジネス創出事業

    農や食に興味のある女性を対象とした交流・相談会等の実施や、女性農業者の経営ステップアップ支援事業の実施。

  5. 山門水源の森獣害防止対策事業

    シカやイノシシによる希少植物への獣害防止のための、防獣ネット等の設置および資材運搬道の設置。

INTERVIEW

平成29年度に事業化された
高齢ドライバーの運転支援事業

彦根自動車学校
髙柳 鉄之さん

髙柳 鉄之さん

昨年協働プラットフォームに参加させていただき、高齢者の交通安全教育と、社会的課題の問題点を参加者で協議することができました。教習所の立場で高齢者支援を提案し、今年度の事業化が決定しました。ドライブシミュレーター等を使い、従来の安全講習とは違う角度から、高齢者に運転能力や身体機能の低下を自覚してもらいます。課題に対する解決への意識を皆さんと共有できたことが貴重な経験となりました。

 

協働ネットしが

2次元バーコード滋賀県協働ポータルサイト「協働ネットしが」を2月1日にリニューアルオープンしました。県民の皆さんをはじめ、NPO、公益法人、企業、大学や市町の方が活用しやすい情報を発信し、県民の皆さんの県政への参画と多様な主体間の協働を促進していきます。

 

 

□お問合せ

県庁県民活動生活課 県民活動・協働推進室

電話:077-528-3419 FAX:077-528-4840 メール:npo@pref.shiga.lg.jp