文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2017年1月4日

2017魅せます!滋賀の力

東京日本橋に滋賀の拠点が今秋オープン

首都圏から滋賀の魅力をもっと広めよう!

イメージ写真

首都圏に滋賀の新たな拠点がいよいよオープン

琵琶湖をはじめとする豊かな自然や歴史、そこで育まれた食やものづくりなど、滋賀には全国に誇れる魅力が数多くあります。こうした滋賀の魅力を全国に知っていただけるよう、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、世界中から情報・人・モノが集まる首都圏で、滋賀を発信する拠点を東京日本橋にオープンします。

東京日本橋は、商業施設やオフィスも多く、再開発により更なる発展が期待されます。また、多くの他県のアンテナショップが軒を連ねるエリアでもあり、それらのアンテナショップとも連携しながら、滋賀の魅力を発信していきます。

体感型で魅力を発信

様々な県産品を展示・販売するだけはなく「実際に見て、触れて、味わう」ことができるワークショップなどの体感イベントで滋賀を発信します。また、首都圏のバイヤー向けの商談会やメディア向けのPR、トップセールスなど、人々の関心を引き付ける催事を展開。首都圏から全国に滋賀の魅力を発信し、滋賀県への来訪にもつなげていきます。

滋賀の魅力を全国・世界へと発信する拠点にどうぞご期待ください。

 

首都圏における滋賀の
魅力発信拠点に期待

県内の地場産業や地域特産品組合は、滋賀の優れた産品の都市圏での認知度を高め、販路拡大につなげるべく展示会や物産展を毎年開催しています。

この度、人と情報が集積する首都圏の、とりわけ近江商人とゆかりの深い東京日本橋に滋賀県の情報発信拠点が整備されることで、滋賀の魅力発信力が各段に強化されると思います。

この拠点を活用し、地場産業や地場産品の魅力を積極的に発信していきたいと思います。

北村 嘉英さん

滋賀県中小企業団体中央会
会長

北村 嘉英さん

 

近江商人ゆかりの日本橋で
滋賀ファンづくりを!

徳川家康が江戸の町づくりをする際に、日本橋は五街道の起点に設定され、多くの人・もの・情報が行きかう町として整備されてきました。そこにいち早く進出したのが近江商人です。

他国稼ぎをする商人として全国に目を向けていた彼らは、今でいうベンチャーの気風があったのでしょう。日本橋に市場としての可能性を感じ、たくさんの近江商人がここで商いを始め、物流・産業の拠点となる町づくりに多大な貢献をしました。

今も近江商人ゆかりの企業が多い日本橋で、そのネットワークも生かしながら、滋賀を応援してくれるファンを増やしてほしいと思います。

上平 千恵さん

東近江市近江商人博物館
学芸員

上平 千恵さん

 

応援企業の皆さまのご紹介

首都圏情報発信拠点整備事業(平成28年度)の事業趣旨に賛同いただき、野村證券株式会社様ほか一社より、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)による寄付の申し出をいただきました。

制度や寄付のご相談先

総合政策部 企画調整課 地域創生係
TEL:077-528-3312

 

首都圏情報発信拠点の名称を募集します

二次元バーコード新しい発信拠点の名称を募集しています。いただいた名称案をもとに決定しますので、多くの皆様のご提案をお待ちしています。

応募方法等の詳細は滋賀県ホームページをご覧ください。

 

□お問合せ

県庁広報課

TEL:077-528-3055 FAX:077-528-4803 MAIL:koho@pref.shiga.lg.jp