文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 県の概要 > 組織案内 > 商工政策課 > 滋賀ものづくり経営改善センターについて

ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

  • 滋賀ものづくり経営改善センターについて

MMICロゴデザイン

県内企業の経営基盤強化・安定を図るために、企業の中に「ものづくり技術※」を習得し活用できる人材を育成することを目的に、滋賀県産業支援プラザ内に「滋賀ものづくり経営改善センター」を開設し、現役、企業OBを対象とした産業人材育成事業を各種実施します。

※この事業は、滋賀県中小企業活性化基金の支援を受けて実施します。

「ものづくり技術」とは、「個々の固有技術をつなぎ合わせて、顧客に向かう『良い設計の良い流れ』を作る技術」のことをいいます。

目次

  1. 滋賀ものづくり経営改善センターの設立理念について
  2. 滋賀ものづくり経営改善センターの事業目的について
  3. 滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール第3期開講記念講演会について
  4. 滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクールについて 
  5. 滋賀ものづくり経営改善インストラクター派遣事業について
  6. 滋賀ものづくり経営改善インストラクター「定石研究会」について
  7. 滋賀ものづくり経営改善定着支援事業について
  8. ものづくり地域クラスター出前セミナー 
  9. 滋賀ものづくり経営・改善技術交流会 

1.滋賀ものづくり経営改善センターの設立理念について

  「ものづくり県」として発展してきた滋賀県。事業活動のグローバリゼーションが進展する中、世界で通じる、世界で認められる企業となるために、経営の基本であるものづくり力のさらなる強化が求められています。

これまで多くの企業では、その企業固有の技術を中心に企業経営を考えてきました。しかしながら、その企業固有の技術という「種」を「花」へと成長させるために必要な技術、いわゆる“ものづくり技術”※については、その概念の難しさやそれを定着させるまでに相当の時間を要することから、その“ものづくり技術”が体現された“ものづくり組織能力”として構築させるまでの具体的な取り組みは極めて少ないものでした。

企業の持続的な発展、企業付加価値を増大し地域社会の付加価値を高める(地域創生)こと、地域GDPを増大することによる雇用の増大に真正面から取り組むためには、その車輪の両輪である、企業固有の技術と“ものづくり技術“の育成を図ることが求められています。

そして、その”ものづくり技術”の核となるものは、『人」そのものです。この「人」への投資、すなわち産業人材の育成を真正面から支援することを、「滋賀ものづくり経営改善センター」の設立理念とします。 

 技術図

  

2.滋賀ものづくり経営改善センターの事業目的について

(1)県内企業の経営基盤強化・安定のために

  • 県内企業の中に、ものづくり技術を習得し活用できる人材を育成し、ものづくり組織能力を構築することにより、持続可能な成長の基盤を造成します。

(2)企業OB人材の活用のために

  • ものづくり企業OBを中心に、本県内には多数の有能な産業人材がその活躍の場を求めています。
  • それぞれの経験知である固有の技術を整理し、伝達可能な形式知に変換し、県内企業へ伝播することができる能力へ高めます。

(3)県内産業人材の活性化を図るために

  • 県内産業人材の発掘、育成のために、現役、OBにこだわらず能力を高めあうネットワークを構築し、能力向上のスパイラルを生み出します。

(4)企業付加価値を増大し地域社会全体の高付加価値化を図るために(地域創生)

  • ものづくり組織能力の定着により、それぞれの企業の付加価値を高め、地域全体のGDP増加を促すとともに、雇用の拡大を図ります。 

組織能力 

  

3. 滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール開講記念講演会について

滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール第3期開講記念講演会を開催します<開催予告>。

  • 日時:平成29年6月29日木曜日 16時00分から19時00分
  • 場所:びわ湖大津館(大津市柳が崎5番35号)
  • 講師:東京大学大学院教授 新宅純二郎氏
  • 演題:「ものづくりの現場力と競争力~逆境が現場を強くする!現場改善の余地は無限にある!~」
  • 参加費:2000円(軽食・コーヒー代)
  • お申し込み、詳細はご案内チラシ(PDF:565KB)をご覧ください。

4.滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクールについて

スクールの狙い

県内企業の中に、「ものづくり技術」を習得し活用できる人材を育成し、その培った技術が体現された「ものづくり組織能力」を構築することにより、持続可能な成長の基盤を造成します。

滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール 第3期 受講者募集について

受講対象者

  • 県内企業現場責任者、幹部候補者等
  • ものづくり企業等退職者(例:工場長、生産管理部門責任者等を経験された方等)

※県内企業現場責任者等現役の方については、事前に経営責任者等へ講座概要および目指すものについて説明を行い、スクールの受講についての御理解や業務に支障のない範囲で滋賀ものづくり経営改善センター事業への御協力を了承いただいたうえで受講対象とします。

※ものづくり企業等を退職された方については、事前に講座概要および目指すものについて説明を行い、修了後のインストラクター派遣事業等滋賀ものづくり経営改善センターへの御協力を承諾いただいたうえで受講対象とします。 

スクール内容

  • 講師:東京大学ものづくり経営研究センターものづくりインストラクタースクール修了者、東京大学ものづくり経営研究センターと連携した地域スクール等修了者、大学教授等
  • 座学:ものづくりの基礎概念(ものづくり技術とは等コンセプトに関する講義)、競争力と企業パフォーマンス、人的資源管理、コストと生産性、納期と工程管理、品質管理、フレキシビリティ、購買管理、ICTを活用したスマートものづくり、設備管理、特別講座(全体最適の問題解決ワークショップ、日本企業の課題と戦略、国際経営戦略等)等 
  • 現場実習:座学で学んだ体系的な知識を具体的に活かす現場実習を行います。

実施概要

  • 実施期間:平成29年9月9日土曜日から平成30年1月27日土曜日まで
  • 講座回数:23日(座学は9月から12月まで毎週土曜日、現場実習は1月に金曜日、土曜日で実施)
  • 受講料:県内企業現場責任者、幹部候補者等は25万円(税抜き)、ものづくり企業退職者等は10万円(税抜き)

その他

  • スクール修了者等滋賀ものづくり経営改善インストラクターを会員とする「定石研究会」を開催し、現場実践手法の充実のための検討会や各自のスキルアップ等研修を行い、インストラクターのネットワークを構築していきます。 

5.滋賀ものづくり経営改善インストラクター派遣事業について

事業のねらい

滋賀ものづくり経営改善インストラクターを県内中小企業に派遣し、現場からカイゼンや生産性向上を図る人材の育成を支援します。

この事業では必ず企業経営者等と面談を行い、ものづくり組織能力の構築に向けた課題を共有したうえで、現場診断等を行います。人材の育成には相当の期間を要しますので、継続的なサポートについても相談させていただきます。

対象

  • 滋賀県内中小企業

事業概要

  • 県内中小企業に、ものづくり組織能力を構築し、良い設計情報の良い流れを現場に作りこみます。
  • 良い流れの阻害要因が明確な現場では、生産性改善などのカイゼン指導を行います。
  • 滋賀ものづくり経営改善インストラクター2人を5回派遣し、現場診断を行い、必要な提案を行います。

企業負担金等について

  • 10万円(税抜き)

6.滋賀ものづくり経営改善インストラクター「定石研究会」について

事業のねらい

滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール修了者等を対象に、各自のスキルアップ、ネットワーク化を図るために実施します。

事業概要

  • 現場改善能力向上のための研修会、成果発表会等を行います。
  • 立命館大学と協働し、現場改善手法等の検討会を行います。
  • 現場改善知識の共有と蓄積を図ります。
  • 滋賀ものづくり経営改善センターが実施する各種セミナーと連携を図り、広報の実施、検討を行います。

7.滋賀ものづくり経営改善定着支援事業について

事業のねらい

滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクールに受講者を派遣した企業や滋賀ものづくり経営改善インストラクター派遣事業を受けた企業を対象に、ものづくり組織能力の構築に向けた支援を長期的な視点で行います。

事業概要

  • これまでにものづくり組織能力の構築に向けた取り組みを行った企業に対して、インストラクターを年間10日間を上限に派遣し、その定着を支援します。

企業負担金等について

  • 10日/年度の場合20万円(税抜)

 

8. ものづくり地域クラスター出前セミナー

事業のねらい

県内立地企業様向けに『ものづくり現場力の最大化』を目指した、組織能力の構築や改善手法を学ぶセミナーを開催し、本県内に「ものづくり組織能力の構築」に向けた取り組みを実施するクラスターを育成します。

事業概要

  • 県内企業の経営者、工場長、製造部門責任者を対象とした講座や現場リーダーを対象とした講座を開催します。
  • 平成29年度上期実施内容…県内企業経営者、工場長、製造部門責任者向け、案内チラシ(PDF:549KB)
  • 平成29年度下期実施内容…未定
  • 平成28年度実施内容…次世代経営者、現場リーダー対象、案内チラシ(PDF:410KB)

 

9. 滋賀ものづくり経営・改善技術交流会

事業のねらい

「ものづくり技術(顧客に向かう『良い設計の良い流れ』を作る技術)を習得し活用できる人材を育成しものづくり現場力を最大化することに取り組みいただく企業を本県内に集積するために、本事業に参画いただいた企業の皆様が一堂に会してその成果や事例を発表し、交流により更なるお取り組みにつながるスパイラルを生み出すために実施します。

事業概要(平成28年度実施内容)

  • 工場視察・事例説明会:株式会社イシダ滋賀事業所様
  • 会社紹介・事例発表会、交流会:Cafe+dining LOOP
  • 対象:滋賀ものづくり経営改善インストラクター派遣事業を実施した企業、滋賀ものづくり経営改善インストラクター養成スクール事業に受講者を派遣した企業および現場診断実習場所提供企業、滋賀ものづくり経営改善インストラクター等関係者
  • 詳細は別添案内チラシ(PDF:966KB)のとおり

 平成29年度実施内容は未定です。決定次第お知らせいたします。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部商工政策課 

電話番号:077-528-3713

ファックス番号:077-528-4870

メールアドレス:mmic@shigaplaza.or.jp

滋賀ものづくり経営改善センター(滋賀県産業支援プラザ内)
電話番号:077-511-1423
ファクス:077-511-1429