文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年2月1日号 > 「電子機器、工業材料に対する温湿度試験の考え方と実際」開催のお知らせ

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年2月1日

モノづくり技術人材育成事業セミナー
「電子機器、工業材料に対する温湿度試験の考え方と実際」開催のお知らせ

工業製品が使われる温度環境はますます過酷なものとなりつつあります。そのような環境でも製品が設計どおり動作するかどうかの検証試験が重要となっています。
この講習会では「電子機器、工業材料に対する温湿度試験の考え方と実際」と題し、温湿度評価試験についてわかりやすく解説していただきます。最新トピックスなども交えながら信頼性評価に関しての取り組み方も紹介いただますので、研究開発・品質評価をご担当のみなさまの積極的なご参加をおまちしております。

日時

平成30年(2018年) 2月22日(木曜日) 13時15分~16時00分

会場

滋賀県工業技術総合センター 2F 大研修室(栗東市上砥山232)

内容

●モノづくり技術講習会(座学) 13時15分~15時00分

工業材料や製品の信頼性や安全性は、ユーザーに選ばれる何よりも重要なスペックとなっており、耐環境性能が必要とされる装置や材料について、メーカーとして知っておくべき事項や試験規格などについてわかり易く具体的に解説します

講師:エスペック株式会社 テストコンサルティング本部
環境試験部 神戸試験所 所長 岡本 学 氏

●実習(デモンストレーション) 15時15分~16時00分

今年度導入の最新装置やセンター既存の試験機を用いた環境試験の実演とともに、耐温湿度評価のコツなど、活用方法を解説いたします。

講師:エスペック株式会社 環境テスト機器本部
西日本営業ブロック 滋賀営業グループ 市川 明彦 氏

実習機器:恒温恒湿槽 恒温恒湿室 冷熱衝撃試験機 

定員

20名(参加費無料)

参加申込

下記アドレスの申し込みフォームから申し込んでください。〔締切:2月19日(月曜日)〕

http://www.shiga-irc.go.jp/info/news/koyosozo-300222/(外部サイトへリンク)

(但し、「高度モノづくり・環境」分野の対象業種の企業が対象となりますので、詳しくは工業技術総合センターへお問合せください)

お問い合わせ

滋賀県工業技術総合センター
電話番号:077-558-1500