文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ここから本文です。

更新日:2015年9月18日

滋賀県観光動態調査

平成22年滋賀県観光動態調査の実施結果について

調査目的 

   県内の観光地や観光イベント等に来訪される観光客から、観光目的・動機、宿泊数、満足度などの観光情報を聞き取り調査し、今後の観光振興施策の効果的な推進を図るための基礎資料とする。

 

調査方法

 

  • 観光地調査

   県内の観光地において、その地を訪れた観光客にアンケート票を配布し、「面接」による調査を、1箇所につきそれぞれ50票の回答数を目標として実施した。

      ・延べ201箇所(冬季50箇所、春季50箇所、夏季51箇所、秋季50箇所)

      ・有効回答数  10,390票(45,477人)

 

  • イベント調査

   県内で実施された主要イベントを各季別に10件選定し、その来訪客にアンケート票を配布して、「面接」による調査を実施した。

      ・イベント40件(冬季10件、春季10件、夏季10件、秋季10件)

      ・有効回答数  2,012票 ( 7,327人)

 

  • コンベンション調査

   県内で実施された主要コンベンションについて、その来訪者にアンケート票を配布して、「面接」による調査を実施した。

      ・コンベンション  9件 

      ・有効回答数  474票 ( 1,651人)

 

  • ニューツーリズム調査

   県内で実施された主要ニューツーリズムについて、その来訪者にアンケート票を配布して、「面接」による調査を実施した。

      ・ニューツーリズム  33件

      ・有効回答数  999票 ( 5,314人)

 

  • 外国人観光客調査

   県内の宿泊施設のフロントでアンケートを配布し、記入式により回答を得た。

      ・ホテル、旅館  7施設

      ・有効回答数  128票 ( 949人)

 

調査結果

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光交流局観光室