文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 滋賀県教育委員会 > 教育総合 > 各課のホームページ > 文化財保護課城郭調査係(旧滋賀県安土城郭調査研究所)

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

文化財保護課城郭調査係(旧滋賀県安土城郭調査研究所)

仕事と役割

みなさん、滋賀県には約1300ヶ所もの城跡があるのをご存じですか。空から見た安土山
城というと巨大な天守や高い石垣を思い浮かべますが、城がそのような形になったのは、江戸時代になってからのことです。それ以前の城は土を土台として、小屋のような建物が建つ、とても簡単なものでした。鯱瓦(しゃちほこがわら)も天守も石垣もない城。実はそのような城の痕跡が、県内いたるところに残されています。家の裏山、在所の森などに姿を変えているかもしれませんが、かつてはそこに確かに城が存在していたのです。

滋賀県安土城郭調査研究所は、そうした様々な城郭についての調査研究を進め、情報を発信することを目的としてつくられた施設です。平成20年度からは文化財保護課の城郭調査係として城郭の調査研究を行ってまいります。城郭の調査研究の具体例としては、特別史跡安土城跡の調査整備事業を行っています。安土城は、織田信長が天下統一の拠点として築いた大城郭で、豪壮華麗なその姿は、遠くヨーロッパにまで伝えられています。そしてこの安土城こそが、現在城のイメージとして定着している天守や石垣を最初に導入した城なのです。しかし築城後、わずか十年ほどで安土城は失われてしまい、その姿は幻となってしまいました。研究所では、この安土城を考古学や文献史学、建築史学など様々な方面から調査研究してその姿や歴史を明らかにするとともに、城跡を永く保存し、多くの人々に親しんでもらうために環境整備事業を進めています。

また、安土城の隣には、中世近江を支配した守護佐々木六角氏の居城であった史跡観音寺城跡があります。全国屈指の巨大山城であり、例外的に安土城に先行して石垣を多用した城として知られています。この観音寺城跡についても、将来の調査整備に向けての準備を現在進めているところです。

コンテンツ一覧

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県安土城郭調査事務所 

電話番号:0748-46-6144

ファックス番号:0748-46-6145

メールアドレス:ma16@pref.shiga.lg.jp