文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2016年2月1日号 > 【県外魅力発信講座】「近江浅井氏と越前朝倉氏」および【近江歴史探訪】「近江浅井氏の本拠 小谷城を訪ねて」の開催のご案内

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2016年2月1日

【県外魅力発信講座】「近江浅井氏と越前朝倉氏」および【近江歴史探訪】「近江浅井氏の本拠 小谷城を訪ねて」の開催のご案内

滋賀県教育委員会では、平成23年度から、滋賀県の歴史や文化の魅力を広く県内外に発信する魅力発信事業に取り組んでいます。このたび、下記のとおり、福井市において、福井県ともかかわりの深い標記テーマにて魅力発信講座を開催し、あわせて滋賀県長浜市において歴史探訪会を開催しますので、お知らせします。

■【県外魅力発信講座】「近江浅井氏と越前朝倉氏」

元亀元年(1570)4月24日、織田信長は兵三万を率いて敦賀に攻め込み、わずか2日間で手筒山城(てづつやまじょう)、金ヶ崎城(かながさきじょう)を攻略し、いよいよ木ノ芽峠(きのめとうげ)を越えて朝倉氏の本拠へ向けて進軍しようとしていました。このとき、信長のもとに「近江の浅井長政が反旗を翻して進軍中」との知らせが舞い込みます。浅井氏が朝倉氏と連携する動きを見せたことに信長は驚愕し、挟撃を恐れて28日夜に退却を決断、命からがら京都へと落ち延びました。信長を討ち漏らした浅井氏はこの後、朝倉氏とともに元亀の争乱(1570~1573)を壮絶に戦い抜き、朝倉氏とともに滅亡することとなります。

浅井長政の妻市は、織田信長の妹です。浅井氏は信長の縁者として信頼を得ていたにもかかわらず、なぜ信長に反し、なぜ朝倉氏と運命をともにする道を選んだのか。これは戦国史の大きな謎のひとつですが、「浅井氏は初代亮政(すけまさ)が朝倉氏に取り立てられ恩義があった」(江濃記)、「市が長政に嫁ぐにあたって、信長は朝倉氏を疎略にしないと約束したが、これに反した」(浅井三代記)など、浅井氏はもともと朝倉氏に支えられた権力であるとの説がふるくから唱えられてきました。

今回の講座では、古文書研究から近江浅井氏と越前朝倉氏の関係について明らかにするとともに、浅井氏の本拠であった小谷城の構造を詳しく見ることで、その権力のあり方(朝倉氏等との関係)について考えます。

主催:滋賀県教育委員会     協力:福井県

日時:平成28年2月28日(日曜日)13時30分~16時30分(予定)

会場:福井県県民ホール(福井県福井市手寄町一丁目4番1号 アオッサ8階) 

日程:13時30分~16時30分

  • 13時00分~ 受付開始
  • 13時30分~ ごあいさつ
  • 13時35分~ 趣旨説明
  • 13時45分~ 講演1「越前朝倉氏と近江浅井氏―元亀の争乱を中心として―」
                         佐藤圭さん(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館文献調査専門員)
  • 15時00分~ 休憩
  • 15時10分~ 講演2「小谷城の構造から見た浅井氏の権力」
                         北村圭弘(滋賀県教育委員会事務局文化財保護課記念物係主幹)
  • 16時25分~ 事務連絡
  • 16時30分    終了

定員:200名

料金:無料

■【近江歴史探訪】「近江浅井氏の本拠 小谷城を訪ねて」

小谷城は近江浅井氏の本拠です。軍事拠点であるばかりでなく、領国支配の拠点としても機能しました。ところが、小谷城の京極丸には、近江守護の系譜を引く京極氏が滞在する一方、大永5年(1525)には朝倉宗滴(教景)が金吾丸に布陣し、元亀の争乱(1570~1573)に際しては、山崎吉家らの朝倉勢が大嶽や山崎丸に布陣しました。

今回の探訪会では浅井氏と京極氏、朝倉氏との関係を考えながら、小谷城を詳しく訪ねます。

主催:滋賀県教育委員会・奥びわ湖観光ボランティアガイド協会

日時:平成28年3月19日(土曜日)小雨決行

場所:史跡小谷城跡周辺(滋賀県長浜市小谷郡上町ほか)

集合:JR利用の場合は、JR北陸本線河毛駅東口 9時30分
         自動車利用の場合は、小谷城戦国歴史資料館前 10時00分

行程:JR河毛駅東口 → 小谷城戦国歴史資料館前 → 小谷城跡【追手道→金吾丸(朝倉宗滴陣)→番所→
        →御茶屋→御馬屋敷→馬洗池→首据石→大広間→桜馬場→大広間→大堀切→中丸→京極丸→
        →小丸→ 山王丸(昼食)→六坊→大嶽(朝倉陣)→福寿丸→山崎丸(山崎吉家陣)】 →
        → 小谷城戦国歴史資料館前 → JR河毛駅東口

解散:自動車利用の場合は、小谷城戦国歴史資料館 15時30分頃
         JR利用の場合は、JR北陸本線河毛駅 16時頃

参加費:500円(ガイド料) 

距離:河毛駅発着の場合約10km(急な山道あり)

持ち物:健康保険証(コピー推奨)、弁当、水筒、軽登山ができる服装等

定員:70名

備考:悪天候等により中止する場合は、平成28年3月18日(金曜日)17時までに参加申込者あて連絡します。 

■参加申し込み、お問い合わせ(講座・探訪会とも)

講座と探訪会で異なりますのでご注意ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - お申し込み方法- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
講座【2月28日(日曜日)】 探訪会【3月19日(土曜日)】
1.お名前(よみがな) 1.お名前(よみがな)
2.お住まいの市町村名 2.お住まいの市町村名
3.連絡先(携帯電話推奨)              3.連絡先(携帯電話推奨)
  4.ご来場の方法(JRか自家用車か)

 

お申し込み・お問い合わせ先:滋賀県教育委員会事務局 文化財保護課 記念物係

  • 電話:077-528-4674
  • FAX:077-528-4956
  • E-mail:outan@pref.shiga.lg.jp (E-mailでのお申し込みを推奨します)

ご注意ください

  • 講座、探訪会とも定員に達し次第、締め切ります。
  • 講座、探訪会とも参加するには、事前申し込みが必要です。
  • 講座のみの参加申し込みができます。
  • 講座と探訪会は同時に参加申し込みができます。
  • 探訪会のみへの参加申し込みは2月29日(月曜日)9時から受付を開始ます。
    (探訪会への参加申し込みは、講座参加申し込み者を優先します。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:077-528-4674

ファックス番号:077-528-4956

メールアドレス:outan@pref.shiga.lg.jp