文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年7月2日号 > 平成30年度学習船「うみのこ」落水者救助訓練の実施について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年7月2日

平成30年度学習船「うみのこ」落水者救助訓練の実施について

  平成30年度の学習船「うみのこ」落水者救助訓練を、下記のとおり実施します。この訓練は、航行中の学習船「うみのこ」から、万一児童が落水した場合に備えるための訓練です。落水者に見立てたブイを投下し、乗組員ならびに乗船校引率教職員の連携によって、高速艇で安全かつ迅速に救助し、大津港に搬送するまでの訓練を行います。

1実施日時

平成30年7月2日(月曜日)13時30分~13時50分(第24回児童学習航海 1日目)

2実施場所

  堅田沖から大津港にかけて航行中の「うみのこ」および付近の湖上(大津港入港前)

3訓練対象者および人数

「うみのこ」船員6名

「うみのこ」食堂職員5名

びわ湖フローティングスクール所員3名

計14名

学校関係者            

彦根市立城北小学校児童38名教職員4名計42名

彦根市立河瀬小学校児童76名教職員7名計83名

彦根市立鳥居本小学校児童18名教職員4名計22名

合計児童132名教職員15名

計147名

総合計161名

4実施概要

 想定:航行中の「うみのこ」からの児童の落水
(1)ブイを落水者と仮定、「うみのこ」から投下して落水事故発生とする。
(2)訓練中、「うみのこ」は緊急体制をとる。
(3)落水者の救助は、「うみのこ」に搭載している高速艇によって行う。
(4)救助した落水者(ブイ)は、高速艇によって最寄りの港(大津港)へ搬送する。
※「119番」「110番」訓練通報、および関係機関への通報訓練を行う。

5備考

当日、取材される場合は、13時までに当スクールに電話連絡いただきますとともに、事前もしくは事後に取材依頼書(当スクールホームページよりダウンロード可)の提出が必要です。なお、大津港から小型船を出す予定です。(大津港13時00分発・14時00分着予定、人数に制限あり)この小型船に乗船して取材される場合は、電話連絡をいただく際にお申し出ください。荒天等の理由で、訓練実施に著しく危険を伴うと判断した場合は訓練を中止します。(実施可否の最終判断は、当日13時00分までに行います。なお、中止の場合は、小型船出港までに連絡いたします。)

お問い合わせ

滋賀県立びわ湖フローティングスクール 

電話番号:077-524-8225

ファックス番号:077-524-8226

メールアドレス:ma33@pref.shiga.lg.jp