文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 滋賀県教育委員会 > こんにちは教育長です

ここから本文です。

更新日:2016年7月11日

こんにちは教育長です

青木 洋 教育長のメッセージ

 

教育委員会の組織目標(部局目標)

  滋賀県基本構想の基本理念である「夢や希望に満ちた豊かさ実感・滋賀」の実現をめざし、教育委員会では、「第2期滋賀県教育振興基本計画」に掲げた、「未来を拓く心豊かでたくましい人づくり」を基本目標として、3つの柱ごとに平成28年度の目標を次のとおり定めました。


 この目標の達成に向けて、教育委員会職員が全力で取り組みます。

                                                                                                                                                  教育長  青木  洋

        部局目標(PDF:402KB) 

 

教育長定例記者会見

 教育長の定例記者会見は、原則として毎月第3水曜日に行っています。

 定例記者会見では、県教育委員会の重要課題などについて、教育長が教育記者クラブの記者に対して直接会見し、発表しています。 <会見の概要を見る>

 

「滋賀県教育委員会職員の心得〜先人の『近江の心』を未来につなぎます〜」を定めました

    近江の地には中江藤樹先生の教えである「良知」をはじめ、先人たちが拠り所とした「近江の心」が今なお息づいています。

    この「近江の心」はそれぞれの先人たちが生きた時代を超えて、今も変わらない大切なものであり、この「近江の心」を未来につなぐ営みが、ふるさと近江を愛する心を育て、本県が目指す「未来を拓く心豊かでたくましい人づくり」につながるものと考えます。

    このため、私たち教育委員会職員はこの「近江の心」を再認識し、これに学ぶとともに、施策を構築し展開するにあたっての重要な視点に据えながら、次世代へとつなぐことを使命とし、以下を心得として教育行政に取り組みます。

  • 滋賀県の教育に使命感と気概を持って取り組みます。

  • 自らを律し、常に学び続ける姿勢を持ちます。

  • 教育現場を支えながら、社会から信頼され、子どもたちが行きたくなる学校づくりを進めます。

  • 意思疎通を活発にし、互いの思い、情報を共有します。

−近江の心とは−

○中江藤樹先生の言葉である「良知(生まれながらにして持っている美しい心)」の心であり、

○糸賀一雄先生の言葉である「この子らを世の光に」の考えにある一人ひとりを大切にする心であり、

○雨森芳洲先生の言葉である「たがいに誠をもって交わろう」の考えにある異文化を理解する心であり、

○近江商人の経営の理念である「三方よし」の考えにある公の心であり、

○琵琶湖とともに生き、自然を大切にしてきた近江人の環境を大切にする心である。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。