文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2017年10月31日号 > ユネスコ「世界の記憶」への『朝鮮通信使に関する記録』の登録決定について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2017年10月31日

ユネスコ「世界の記憶」への『朝鮮通信使に関する記録』の登録決定について

平成28年(2016年)、ユネスコ「世界の記憶」への登録に向けて日本のNPO法人朝鮮通信使縁地連絡協議会(以下、縁地連と略称)と大韓民国の釜山文化財団が共同で申請していた『朝鮮通信使に関する記録』について、ユネスコ国際諮問委員会での審議を経て「登録」の決定があったと縁地連から連絡がありましたので、三日月大造県知事のコメント(別添)を付して、お知らせいたします。

この登録の申請リストには、本県に所在する「琵琶湖図」(県所有・琵琶湖文化館保管)、「雨森芳洲関係資料」(重要文化財・長浜市芳洲会所有)、「朝鮮通信使従事官李邦彦詩書」(近江八幡市本願寺八幡別院所有)などが含まれていますが、詳細はまだ発表されていません。

●朝鮮通信使とは
江戸時代、幕府の招きで朝鮮国から日本へ往復した外交使節。全12回の来訪のうち、10回は近江国(滋賀県)の朝鮮人街道などを通って江戸へと往復。
当時、日本と正式な国交があった外国は数少なく、道中各地で通信使は大いに歓迎され、盛んな異文化交流が行われた。
日韓の民間団体が共同で提出した申請リストには、日本側48件209点、韓国側63件124点、合計111件333点の関係資料が登載されている。

●朝鮮通信使縁地連絡協議会とは
理事長:松原一征(対州海運代表取締役社長)、事務局:対馬市役所 文化交流・自然共生課内 事務局担当者:小島繁樹氏(電話 0920-53-6111) ホームページ http://enchiren.com/
平成7年(1995年)、日韓親善友好の歴史的資産である「朝鮮通信使」にゆかりのある地域(=縁地)が集まって結成され、関係資料の調査・研究やセミナー・シンポジウムなどの開催、地域間の情報交換やまちおこし事業などの活動を行ってきた。
県内では長浜市、彦根市、近江八幡市の3市、および民間団体である芳洲会が加盟。
県としては、平成27年(2015年)から縁地連の「朝鮮通信使ユネスコ記憶遺産日本推進部会」にオブザーバーとして参加している。

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:077-528-4672

ファックス番号:077-528-4956

メールアドレス:ma07@pref.shiga.lg.jp