文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 第11回ふれあい教育対談

ここから本文です。

更新日:2016年1月12日

第11回ふれあい教育対談

滋賀県立八日市南高等学校

平成27年11月16日(月曜日)

訪問テーマ

「地域連携による人材育成」

訪問した委員

  • 委員 土井真一
  • 委員 佐藤祐子

訪問の様子

社会で活躍できる良識ある人材の育成を

八南実習1

   八南実習2

 八南実習3

 県立八日市南高等学校では、将来、一人ひとりに必要となる「生きる力」を育むため、様々な体験学習・実習に積極的に取り組み、社会で活躍できる良識ある人材の育成を目指しています。

 この日は、造園技術や栽培の実習の様子を参観し、畜産・農業施設を視察しました。生徒のみなさんは、いきいきとした表情で、それぞれの実習に取り組んでいました。 

 

生徒代表のみなさんから、学校での取組の説明を聞きました。 

八南取組説明

 八日市南高等学校では、地域の高齢者とのふれあい事業や東日本大震災東北ボランティアなど、多くの体験活動やボランティア活動に取り組まれています。生徒代表のみなさんから、これらの活動についての説明や自分たちの思いを聞きました。 

 

 

 

 

八南マーケット

 生徒が育てた野菜や製造した食物加工品を販売している「南高マーケット」を、生徒のみなさんの案内で視察しました。この日は、新鮮な卵やジャム等が販売されていました。開店時間前から、地域の方が列をつくられ、開店すると、あっという間に売り切れる人気ぶりでした。 

 

 

 

生徒代表のみなさんと教育委員が対談を行いました。

八南生徒対談

「学校生活で、楽しいことは?」

 「ふだん経験できないような経験をたくさんさせてもらえるところです。」

 「豚や牛の出産など、普通であれば生きていて一回も見られないようなことを見ることはでき、生命の神秘に立ち会えたことにすごく感動しました。」

「自分たちの学校への思いは?」

 「この学校は誰にでも平等にチャンスを与えてくれる場所だと思っています。人前で話すという機会が、誰にでも与えられる。それは将来大きな力になると思います。」 「自分の思いを人に伝える大切さや楽しさを後輩たちにも知ってもらいたい。」

先生方と教育委員が意見を交換しました。

八南対談

 八日市南高等学校の先生方と「地域や小中学校等との連携のあり方」や「まちづくりにおける高校生の力の活用」、「農業高校の役割」などについて、意見が交換されました。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局教育総務課 

電話番号:077-528-4512

ファックス番号:077-528-4950

メールアドレス:edu@pref.shiga.lg.jp