文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 滋賀県教育委員会 > 教育総合 > ふれあい教育対談 > 第3回 ふれあい教育対談

ここから本文です。

更新日:2015年9月24日

第3回 ふれあい教育対談

滋賀県総合教育センター

平成27年8月10日(月曜日)

訪問テーマ

「子どもの学ぶ力の向上をめざし、学び続ける教職員研修」

訪問した委員

  • 委員 土井真一
  • 委員 河上ひとみ
  • 委員 佐藤祐子
  • 委員(教育長) 河原恵

訪問の様子

教科主任指導力向上研修を視察しました。

ふれあい3の1 滋賀県総合教育センターは、明日を生きる子どもたちの確かな学力と豊かな心を育成するために、研修・研究事業等をとおして教職員の専門性を高め、指導力と資質の向上を図るとともに、教育情報の調査、発信を行うことで教育活動の支援拠点としての役割を果たしています。この日、総合教育センターでは、高等学校数学科と小学校算数科の「教科主任指導力向上研修」が行われていました。子どもたちの「学ぶ力」を高めるための授業改善のあり方について、各学校の教科主任の先生方が熱心に研修しているところを、県の教育委員が視察しました。

 

 

教職2年目の中学校の先生方と県教育委員が対談を行いました。

ふれあい3の2

ふれあい3の3

 

 

 

 

 

 

 

ふれあい3の4

ふれあい3の5

 

 

 

 

 

 

 

 また、教職2年目の中学校の先生方が、担当教科別にグループに分かれて、「それぞれの教科指導における成果や課題」「教科指導でがんばっていることや工夫していること」「目標とする教師像」などについて、県教育委員も加わり、意見を交わしました。

 「何か1つでもがんばれるものを持てる子どもに育てていきたいです。」「国語科を通して、自分の思うことを表現できる子どもに育成していきたいです。」「授業の中で、まちがってもいいという安心感を大切にしています。」など、先生方から積極的に意見が出されました。

総合教育センターの職員と県の教育委員が意見を交換しました。

ふれあい3の6

ふれあい3の7

 

 

 

 

 

 

 

 それぞれの委員が、教科主任指導力向上研修や2年目の教員のグループワークについて感想を述べた後、総合教育センターの職員と意見交換を行いました。「若手教員を育てる条件」「若手教員への効果的なアドバイス」「幼稚園・保育園の先生方への研修」「これからの教職員研修のあり方」などについて、意見交流がなされました。

 

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局教育総務課 

電話番号:077-528-4512

ファックス番号:077-528-4950

メールアドレス:edu@pref.shiga.lg.jp