文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • お問い合わせ先一覧

ホーム > 県政情報 > 広報 > 県政eしんぶん(報道資料) > 2018年7月23日号 > 国宝延暦寺根本中堂および重要文化財延暦寺根本中堂廻廊保存修理事業解体工事の着手について

ここから本文です。

県政eしんぶん報道資料

公開日:2018年7月23日

国宝延暦寺根本中堂および重要文化財延暦寺根本中堂廻廊保存修理事業解体工事の着手について

国宝延暦寺根本中堂(こくほうえんりゃくじこんぽんちゅうどう) および重要文化延暦寺根本中堂廻廊(じゅうようぶんかざいえんりゃくじこんぽんちゅうどうかいろう)保存修理事業は、平成28年4月から10か年計画で屋根葺き替えや内外部の漆・彩色の塗り直し等の保存修理工事を実施しています。

平成30年7月に根本中堂と根本中堂廻廊を覆う鉄骨造の素屋根の建設が完了し、引き続いて、2棟の修理範囲の解体に着手します。

今年度の工事内容は、根本中堂の屋根(葺(かわらぼうどうばんぶき))および、根本中堂廻廊の屋根(とち葺)を解体する他、両建物の外部塗装の掻き落としや、剥落した彫刻の彩色を復旧するための調査を行います。

保存修理事業の概要は以下の資料をご覧ください。

国宝延暦寺根本中堂および重要文化財延暦寺根本中堂廻廊保存修理事業の概要(PDF:1,274KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 

電話番号:077-528-4673

ファックス番号:077-528-4956

メールアドレス:ma07@pref.shiga.lg.jp